乳がんファイターDiary / Diary of Breast Cancer Fighter

独身、一人暮らし。働きながら乳がんと闘います。

乳がんファイターDiary / Diary of Breast Cancer Fighter in Japan

12月なので、今年を振り返る。その①

年末モードに突入しました。

なので、ワイドショーのように2017年の上半期を振り返ってみようと思います。(会社かっ!)

 

1月

・初詣

もうすぐ手術。初詣は、手術の成功を祈る。手術が無事におわりますように、と祈る。とにかく、祈る。

元旦は、最近なにかと話題の〇〇八幡宮に行き、祈祷をしてもらう。

さらに、がん封じで有名な唐泉寺でお守りを購入。

翌日は、母と一緒に、がん告知後にお参りをした、神田明神にて祈祷。

いやー、正月にこんなに神社仏閣をまわったのは初めてです。

いろいろ行き過ぎて、手術前に風邪を引く。

 

・手術&入院

4日に入院をし、5日に両側全摘の手術を行う。

人生初めての全身麻酔を経験。

術後、酸素マスクで酸素を送り込まれ、あまりに喉が渇いたため、テーブルの上に置いてあったお茶をコッソリ、隠れて飲む。

一口ずつ、大事にコッソリと飲み続けるも、やがては飲み尽くし、途方に暮れているところ、飲み物が解禁。500mlのペットボトルを一気飲みし、一気に戻し、正月早々マーライオンと化す。

マーライオンがある意味、入院中に一番記憶に残っているコト。

 これから入院する皆さん、麻酔後の飲み物はちょっとずつですよ!

 

・病理の結果

1月末には病理結果を受け取る。

がんなので、良かったということは決してない。それでも、とっても悪い状態ではなかったということで、自分的に良しとする。

 

ハーセプチン

 術後のハーセプチンをスタート。

1回目だけに良く出るという副作用、発熱、いただきました。

ハーセプチンなんて!って舐めてかかったら、見事に発熱ですよ。

寒気がするも、コートをかけて耐えてたら「そういう時は早くナースコールしていいんだよ!」と言われ、毛布にくるまり、熱が下がるのを待つ。

そして、37度くらいに下がった隙に家へ帰るも、再び発熱。

分子標的といっても、薬は薬。当然、副作用が出る可能性があるので、みなさん具合が悪くなったらすぐに看護師さんを呼びましょう。我慢してると、結果的に悪くなる可能性があります。

 

・自家組織にて再建を考える

再建の方法は大きくインプラント、自家組織の2つがある。

自家組織も検討したくて、入院中に自家組織で有名な病院を予約するも、10月といわれる。ひぇーーーっ!じゅ、じゅうがつ!!

まぁ、どうせエキスパンダーは8~9ヶ月くらい挿れておかなきゃいけないと言われてるんで、10ヶ月くらい待ちますよ。

でも、初診で10ヶ月待ちとなると、手術は何年後だ?

一抹の不安を覚える。

 

ということで、コレ、全部1月。

いやー、書いてるだけで、いろいろありすぎじゃね?

なんか、抜け盛れあるかもね。

ま、いっか。

早くも1月の出来事だけで息切れしそう。

 

2月

3月上旬にある出張メンバーに入っていると告げられ、うろたえる。

なぜなら、ヅラなのに相部屋だから。

会社でカミングアウトしてないのに、あんまり仲良くない人の前でヅラ脱着とかヤダよー!

上司に「ヅラだから、一人部屋にしてほしい」と伝え、OKをもらうも、仕事の早いアシスタントさんで、すでに相部屋にて登録完了。

「もう、ホントにやだ!」って思い、病気カードを切ってみる。

がんだし、術後だし、まだ抗がん剤ハーセプチン)やってるし、長期のフライトは勘弁して欲しいと訴える。

なんなくOK。

はるにゃんこ、「仕事で手を抜く」を覚える。

 

会社員だから、ちゃんと働くけれど、がんだし、治療真っ只中だったからね。

無理とか我慢とかしなくていいと思うんです。

本当に無理な時はね!

 

無駄にカミングアウトする必要がなくなり、またハゲを晒す必要がなくなり、安堵の2月を過ごす。

 

3月

ホッとした瞬間、卵巣のことが頭をよぎる。

1月の手術で予防的切除は見送ったものの、いつか切除したいと思っている。

あと、年齢的にあまり強くは望んでいないが、切除する決断をしたいからこそ、妊娠について考える。

抗がん剤で卵巣ってやられちゃってるの?

そもそも卵子って残ってるの?

 

卵子については、血液検査で分かるんです。

検査してみた結果、コレがまた、微妙な数値で卵子が残っているという。

 

今はあまり考えていないけど、もしかしたら妊娠を望む日が来るかもしれない。

そのときのために、卵子凍結について調べてみる。

いくつかのクリニック、病院を回って情報収集。

 

私の疑問は2つ。

ハーセプチン投与中でも卵子は採れますか?

②もし妊娠を希望したら、どういうタイミングになりますか?

 

1つ目は、クリニックによって見解が異なった。

ハーセプチン中でもOKというクリニック、駄目というクリニックに分かれる。

ちなみに、私の主治医からは「過去に例がない。調べた結果、ハーセプチン中の採卵は、どこにも駄目とは書いていない。」でした。

 

2つ目については、全ての病院でハーセプチン中は妊娠はNG。もしもチャレンジしたいなら、ハーセプチンが終わってからとのこと。

 

妊娠、望んでるワケではないんですよね。

ただね、後から後悔したくないので、可能性を残すのか、きちんと調べておきたい。

卵巣を取るということに対して、自分の中できちんと折り合いをつけたいのです。

 

いくつかのクリニックや病院をまわっていたため、会社もいっぱい休みました。

この時は自分のことを最優先で考えさせてもらいました。

 

なんとなく、自分なりに調べておきたいことがひと段落。

そんな風に過ごした3月。

 

4月~6月

ハーセプチンに集中。

半日で終わるので、普段はなかなか済ませられない用事を午後に入れて、休みを満喫する。

3週間に1度は休みたい病が発症。

まずい、普通の会社員生活に戻れない予感…。

 

 

 

こうして見ると、2017年の第一四半期に全てが集中してますね。

スタートダッシュをした2017年。

 

どうなる、2017年下半期。

その②へ続く。

 

 

 

 

いろいろあったね、2017年。ポチッ!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村