乳がんファイターDiary

独身、一人暮らし。働きながら遺伝性乳がんと闘います。

乳がんファイターDiary

卵巣の定期検診

本日、卵巣の定期検診。

遺伝子検査の結果、卵巣がんを発症する可能性が高いことから、半年に1回、定期検診がある。

 

個人的には、乳がんよりも卵巣がんの方が怖い。

乳がんは、マンモとかエコーとか、いろいろな検査方法があり、早期発見をすることができる。

でも、卵巣はサイレントキラーと言われてるだけあって、乳がんのように検査で早期発見するのが難しいらしい。腫れなど、何かしらの異常が分かった時には、既にがんが広がってしまっている可能性が高いそうだ。

なので、婦人科の先生に「卵巣をもっとこまめにチェックしてほしい」とそれとなく言ってみたところ、頻繁にやればいいというものでもないらしい。

万が一、卵巣にがんが発症していた場合、エコーの機器を挿れた際に、がん細胞が体の中に飛び散ってしまう可能性があるのだとか。なので、むやみやたらに検査するものではなく、半年に1回というのが適正な頻度なのだと言われた。疑り深い私は、他の病院で定期検診をしている人にも聞いてみたけど、やはり同じような回答だったと聞き、とりあえず卵巣は今の病院で引き続き、経過観察することに。

 

まずは、採血。

がんになる前は、よく献血してて、「いい血管ですねー!」って褒められていた血管がどこかへ行ってしまった!

そんなことってあるの?

 

もしかして、太って埋もれた?(笑)

 

採血の後は、卵巣のチェックのために婦人科へ。

腫瘍マーカーの値CA-125は、12.1で問題なし。

卵巣も問題なし!

 

そして卵巣膿腫は、抗がん剤で生理が止まってたおかげで、小さくなっていた。

◾️ 膿腫の大きさ:3.7cm x 2.7cm → 3cm x 2.5cm

生理が止まっていたのは、悪いことばかりではなかったらしい。

卵巣膿腫も引き続き、経過観察。

 

次の検査は、半年後。

 

しかし、血管。

どこ行っちゃったのー?

手の甲は痛いから、戻ってきておくれー!

体重が戻れば血管も元通りになるのか?

やっぱ痩せなきゃ。(笑)