読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乳がんファイターDiary

独身、一人暮らし。働きながら遺伝性乳がんと闘います。

乳がんファイターDiary

母と病気と夏休み。

乳がんいろいろ

乳がんの告知を受ける前。

シコリを見つけた段階で、母にいつ、どう伝えるべきか少し悩んだ。

初めて病院に行った段階で、「なんかシコリが見つかったけど、良性のモノが多いらしいから大丈夫。」と伝えていた。

 

が、結果、悪性。

 

父が肺がんで亡くなってから約1年。

父の看病をずっとしていた母も、やっと元気が出てきて、自分のやりたいことをし始めたところだった。

なんだか、そんな時にまたもや家族内で癌患者が出るなんて、なんだか申し訳ない気持ちでいっぱいになる。

悪性だったと伝えたときに、電話で不安で心配そうな声の母。なんだか本当に申し訳ない。

 

抗がん剤の治療を始める前に、美味しいものを食べさせて、神様に完治をお願いしようと言う母。老舗のうなぎ屋さんでお昼を食べ、都内の神社で私がとても雰囲気や空気が大好きな神社へ。祈祷をお願いしたのは私たち親子だけ。

正確な言葉は忘れてしまったけれど、祈祷の言葉で、「医師には見放されたかもしれないけれど、神様がいるから大丈夫」的なお言葉が。

 

えーと。神様、お願いを聞いてくれてありがとうございます。でも、まだ治療前だし。治る気満々です!

 

ちょっと、しんみりしていた母だけれど、終わった後に、「医師に見放されたとか言われちゃったね。ぷぷぷ。」と二人で大笑い。

早速、神様が母にも私にも笑顔をくれましたー。神様、私、治療頑張るから見守っててください!

 

そして、神様のおかげもあって、元気に3クール目も終了しましたー。

 

FECは副作用が強いと聞くので、今のうちに遊び&夏休を楽しもうと思い、母と映画や野球観戦へ。

 

毎日電話はしてるけど、会って顔を見るとやっぱり安心するとlineがきた。

癌って、もちろん本人は大変なんだけれども。家族にとっても大変な病気なんだなと改めて思う。

 

心配かけてごめんなさい。

母よ、絶対に治るから大丈夫だー!