乳がんファイターDiary

独身、一人暮らし。働きながら遺伝性乳がんと闘います。

乳がんファイターDiary

病理の結果

昨日は、病理の結果を聞きに病院へ。

 

<病理の結果>

■左

抗がん剤がとてもよく効いたとのことで、癌細胞は全てなくなっているとのことでした。

pCR 癌ナシ

0/1 陰性

グレード3

 

■右

病理の結果、癌だったけれど、全摘してしまった&早期だったので、治療の必要なし。

非浸潤癌

核グレード1

ER 8

PgR 7

Her2 0 陰性

 

左側は癌細胞が残っていたら、乳輪乳頭をエキスパンダー入れ替え時に切除しましょう、という話をしていたけれど、癌細胞消滅ということで、残すことができた。良かった♪

 

そして、12月の術前検査で見つかった右側の腫瘍は癌だった。

が!!!

切除したので、こちらは特に治療は必要なしとのこと。

わい!

 

実は、最後の最後まで、全摘するかどうか悩んだ右。

全摘すると決めた後も、本当に全摘で良かったのか、手術前日もちょっと考えたりしていた。けど、切除に決めて良かった。決断した自分を褒めてあげたい。

 

手術直前に元主治医の反対を振り切って、勝手に受けた遺伝子検査。

それがきっかけとなり、バタバタと転院。

術前検査でまさかの右側に腫瘍発見したときは、マジかよ!と思い、あまり悩む時間もない中で決めた全摘。

 

手術前に見つけてくれたお医者様に感謝。

ありがてぇ。

先生、大好きです。(笑)