乳がんファイターDiary

独身、一人暮らし。働きながら遺伝性乳がんと闘います。

乳がんファイターDiary

骨シンチグラフィーとCT検査

この日は、骨シンチグラフィーとCTの検査。

 

骨シンチグラフィーとは、骨に転移をしていないかを調べる検査らしい。

核施設にあるような、バイオハザード的マークがついている部屋へ案内される。

ちなみに、スリッパも黄色に核マーク。なんかすごい。

 

銀色っぽいものにくるまれた注射器で、なんだか身体に悪そうなものを注入。

3時間後に骨シンチの撮影をするので、その間にCTをしてきてくださいと。

 

言われるがまま、CT検査のコーナーへ。

 

「途中で造影剤を入れます。造影剤を入れると、身体がカーッ!っと熱くなりますが、これは普通のことだから大丈夫ですからね。」

 

そして、看護師さんが造影剤の針を血管へ。

 

アレ、なんかちょっと痛いかも?

さっき骨シンチで一度刺した血管だからかな。

針も太いって言ってたしな。

まあ、大丈夫だよね…。

 

そして、いざ造影剤の注入。

 

痛い、痛い、痛い!いっでぇ~~~~~!

 

と思ったものの、これが「熱い」という現象か?と思い、ひたすら我慢。

 

「はい、終わりましたー。今日はこれで終了ですので、着替えてお会計へどうぞ。」

 

着替えながら、造影剤って痛いんだなー。

抗がん剤ってツライって聞くけど、こんな痛みよりもっとすごいのかな…。

こんな痛いのが続くんだったら、治療なんてしたくないかも。

と若干、涙目になりながら着替えを終えて、会計へ向かう途中。

 

「はるにゃん様~。放射線科の受付へお戻りください」

 

え?今呼ばれたの私?なんかあった?と思いながら受付へ。

受付へ行くなり、椅子に座らされて看護師さん数名、技師さん(?)、医師の方など5人くらいに囲まれて腕を見る。

 

「あぁ~~~~…。やっぱり。造影剤が漏れちゃってる。痛くなかったですか?」

 

「痛かったですけど、熱くなるって言われたから、これが熱いってやつなのかと思っちゃいました。」

 

「とりあえず薬を塗って、冷やしましょう。今日の検査をどうするか一度協議をしてきますので、このままお待ちください。」

 

一人、待合室でとり残される。

まじ、超痛かったし。あれ、やっぱ痛いで正解だったのか。

っていうか、またあの検査やられるの、本当やだ。また漏れたりしたらマジでヤダ。

と、一人でグルグル考えながら、スマホで「造影剤 漏れる」など検索して、さらに自分に不安を煽る。

 

「協議の結果、もう一度CTをすることになりました。骨シンチのあと来てください」

 

がびーん。。。

またあの痛いのやるのか。

本当にヤダ。あの看護師さんが出てきたら引っ叩いてしまうかもしれない。

などと思いながら、骨シンチの検査の後に再びCTへ。

 

2回目のCTは医師が針を刺してくれ、痛みもなく、無事終了。

上手な人が針を刺すと痛みって本当に少ないもんなんですねー。

 

しかし。造影剤が漏れたので、注射を打ちますと。

なんの注射を打たれたのか、もう忘れてしまったけれど。(役立たずですみません)

CT撮影後に別室へ連れて行かれ、腕のまわりをぐるりと一周、

10か所以上注射を刺されてなんとも痛い一日を過ごしたのでした。

 

ちなみに、骨シンチは30分ほどかけて体全部の骨を撮影する検査で、

痛みは何もありませんでした。

 

みなさん、痛いときはすぐに言いましょう。

自分も、すぐに言おう、と思った一日。