乳がんファイターDiary / Diary of Breast Cancer Fighter

独身、一人暮らし。働きながら乳がんと闘います。

乳がんファイターDiary / Diary of Breast Cancer Fighter in Japan

【紡ぎ】特別企画開催報告&9月シェアルームのご案内

8月19日(土)には、紡ぎとして初めての特別企画「乳がんと心のケア」を開催しました。精神腫瘍科の保坂先生を招いてのワークショップです。

 

ワークショップのテーマは2つ。

① 周りとどう付き合うか?

② 不安とどう向き合うか

 

周りのサポートに関するセッションで、患者が必要な3つのソーシャルサポートについてお話がありました。

①情緒的サポート

この人に会うと気持ちがラクになる、癒される人

➁手段的サポート

病院への送迎や家事のお手伝いなど、行動的な面でサポートしてくれる人

③情報的サポート

正しい情報を教えてくれる人(医療者が好ましい)

 

できれば、各ソーシャルサポートには2~3人の人がいてくれるといいらしい。

個人的な経験から、このサポートって、特に告知直後だったり、通院真っ最中にいてくれたら本当にありがたい存在だったのではないかと思う。

自分には家族とカレシ、がんのことを打ち明けた数人の友達がいたけれど、なんとなくお互いに気を遣ってしまっていたので、保坂先生の言う理想のサポートの形ではなかったような。周りの話を聞いても、ほとんどの人が告知直後ってそんな感じだったんじゃないかなぁと。

もしも今、自分にはソーシャルサポートが足りないなって思った方は、「紡ぎ」のような場所を活用して情緒的・情報的なサポートを得ていただくきっかけ作りができればな、と思った次第でした。

間違いなく、同病仲間は心強い仲間なのです。

 

参加者さんかも、「今は精神腫瘍科の診察は必要ないかもしれないけど、いざという時には、保坂先生みたいな人がいてくれると思ったら安心できた」というお声をいただき、このような特別企画を開催して本当に良かったなと思いました。

だいぶ前の記事に書いたことがありますが、知識は病気と闘っていく上で武器になるのです。

 

また、個人的には、ブログを読んでくださっているという方とお話することができ、このようなブログでも少しは役立ってるのかもしれないと思ったら、亀更新ではありますが、今後も頑張って書いていこうと思えました!優しいお言葉、ありがとうございます!

 

保坂先生のお話を聞いてみたいという方は、イベントでご登壇される予定もありますので、お早めにお申し込みを!

■保坂先生のクリニック

保坂サイコオンコロジー・クリニック | がん患者さんとご家族のための心のケア専門クリニック

■保坂先生のブログ

~がん患者と家族の心のケア~

■保坂先生がご登壇されるイベント

‐ ピンクリボンシンポジウム 2018年9月30日

東京シンポジウム | シンポジウム | イベント紹介 | ピンクリボンフェスティバル

‐ 乳がんと前向きになれるフォーラム

【乳がんと前向きになれるフォーラム2018】 詳細&申し込み方法

 

 

そして、9月のシェアルームの募集も開始いたしました!

9月はももすけちゃんと私が担当させていただきます。ご都合の合う方は、ぜひお申し込みください!

ももすけちゃんブログ

Life is

紡ぎホームページ

紡ぎ ~Hope for Ribbon~

 

 

ちなみに、前々から告知から1年以上経っている人に向けたシェアルームも企画したいね、っていう話はスタッフ内で出ていたのですが。今回ご参加いただいた方からも同様の声をいただきまして、鋭意企画していきたいと思っております。

乞うご期待!

 

 

私は金銭的サポートもほしい。(笑)

ぽちっ!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村