乳がんファイターDiary

独身、一人暮らし。働きながら遺伝性乳がんと闘います。

乳がんファイターDiary

産業医と面談の巻。

こんにちは!

ケイティ・ペリーです。

 

ケイティ・ペリーが髪型をベリーショートにしたらしく、

似てる(髪型が)と言われて、ご機嫌です。(笑)

 

脱ヅラ直後のみなさん。

やっと私たちに時代が追い付いてきましたよー!

ベリーショート流行の兆し?

ターバンが暑いので、桂由美を卒業し、ケイティに生まれ変わりました。

 

そんなケイティ・はるにゃんこ。

産業医と面談したので、その時のお話。

 

知ってはいたけど、改めて感じたのが、主治医と産業医の違い。

産業医って、あくまでも「会社」のお医者さんなんですよね。

 

病院の医者や精神科医は、病気を治してくれる先生。

産業医は、会社で働き続けることができるように、健康管理をする先生。

 

という、大きな違い。

決して病気を治したり、健康状態を改善してくれるワケではない。

 

うちの産業医がそういう人だっただけかもしれないけど、モノの言い方にデリカシーがなかったな。

まずは、健康状態というか、病気の治療状況を把握するための質問。

 

産業医 「病気の状況は?」

は   「乳がんで、両側全摘です。」

産業医 「浸潤?非浸潤?」

は   「非浸潤です。」

産業医 「抗がん剤はいつからいつまで?」

は   「術前で抗がん剤やって、今は術後の抗がん剤中。年内いっぱいくらい続く予定です。」

産業医 「で、転移とかしてる?肺とかの転移は?」

は   「してません。」

 

と、こんな感じで事務的に病気の状況チェック。

転移についてとか、人によってはセンシティブに確認した方がいいのではないかと思うようなこと、ズバズバ聞かれた。私のメンタルが強そうだから問題ないって思われたのか分からないけど、ちょっと落ち気味な人がこの産業医と話したら、余計落ちちゃう人、いるんじゃないかなーと思った。

 

さらに会話は続いていく。

たぶん、もう一人の男性の癌患者さんが数か月お休みを取ったことからの発言だと推測。

一言一句、正確に覚えてはいないけど、こんな感じだった記憶。

 

「長くお休みを取るようなことになるより、ずっと働いてもらった方がいいのね。だから、残業時間とか、ある程度、労働時間の制限かけて、働き続けられるようにしたいと思うんですよ。」

 

プラスに考えるとですよ。

ずっと働き続けられるように、健康管理してくれてるワケですが。

ネガティブに考えると、低空飛行でもいいから、働き続けろとも捉えられるワケで。

 

話し方などから、私は後者の印象を受けた。

だいぶ、ひねくれてるかもしれないですけどね。

 

確かに、労働時間という意味では改善されたのかもしれない。

在宅勤務も場合によってはOKと許可された。

でも決して、労働「環境」が改善されたとは思っていない。

仕事の内容が変わったワケじゃないから。

 

社内でもトップ3に入るんじゃないかと思うような、ストレスフルなプロジェクトにアサインされた直後の面談。

「コレ、休まずにちゃんとリードしてやってね、ヨロ!」

と私は捉えてしまったのです。(笑)

 

ちなみに、以前、会社の顧問弁護士と話した時も思ったコト。

この人はあくまでも、「会社側」の人なんだな、と。

 

ある意味、ここまで配慮してもらってワガママなのかもしれないと思いつつ。

決して私の健康状態を心配してくれているワケではなく、シャチク的に働くための健康管理をするお医者さんが、産業医という印象を持って、私の産業医との面談は終わったのでした。

 

あ、なので。

現在、残業時間に上限を設けられて、経過観察中。

 

 

 

 

 

 

 

若干、今更感満載。

今じゃなくて、FECの時や、手術直後にやってほしかった。

遅いわっ!

 

と、思ったし、病気の状況聞かれてる時も不快感をあからさまに態度に出したので。

「態度が悪い」と、コメントとかメモに書いてあるかも。(笑)