乳がんファイターDiary

独身、一人暮らし。働きながら遺伝性乳がんと闘います。

乳がんファイターDiary

乳がんパイセン。

会社に来週、乳がんの手術をする人がいると知った。

たまたますれ違った、その方の上司から聞いた。

「何か不安なこと等あれば、いつでもお話します、と伝えてほしい」と言ったら、翌朝すぐにメールがきた。

 

私と同じ、両側乳がんで、全摘するらしい。

入院の時にあって便利だったもの、術後のこと、再建のこと。

短い時間だったけど、いろいろ話した。

 

サバサバしている女性で、「いつも通りにしてるのが一番いいの」と言って、毎日友達とご飯に行っていると話してたけど。

とっても気丈に見えたけど。

やっぱり不安が多いようで、ちょいちょいメールが来る。

 

疑わしい腫瘍だと言われてから、検査、そして次の治療のステップへ進むまでの時間のなさといったら、半端ない。今思い返すと、ネットでいろいろ調べたりしたけど、見当違いなことを調べていた気もする。

 

その後、なんとなく落ち着いたとき。

何を調べておけば良かったのかとか。

治療に入る前に、どうすれば良かったのかなど、気づいた。

 

過去に戻ることはできないから、しょうがないけど。

でも、告知間もない人が何かを判断するとき。

適切なタイミングで正しい情報が得られるような仕組みができるといいなー。

 

と思う、乳がんパイセンでした。