乳がんファイターDiary / Diary of Breast Cancer Fighter

独身、一人暮らし。働きながら乳がんと闘います。

乳がんファイターDiary / Diary of Breast Cancer Fighter in Japan

再建手術から、退院の日。

最近、必殺仕事人にハマってます。

 

大人になってから見ると、三味線の細い弦で人を吊り上げるなんて、どんだけ力持ちだよとか、ちょっとした矛盾に気が付いてしまう。

あぁ、心が汚れてしまったよ、ワタシ。

しかし、三味線屋の勇次の色気と簪職人の秀の美しさったら、なんなんでしょう。

あの色気、最近の若手俳優さんには絶対ないな。  

二人の色気にあてられている日々ですが、退院の日について書いてみます。

 

 

いよいよ退院の日。

一番目覚めが良い。

早く寝すぎて朝6時前から活動。

どうしてもシャワーに入りたい。

ナースコールで部屋に来てもらってまで聞くことではないので、ナースステーションまで行って直接聞いてみる。

 

看  「ど、どうしました?」

明け方にフラフラ歩く人影に、ビビる看護師さん。(笑)

 

は  「あの。シャワー入っていいですか?」

看  「あー、入りたいですよねー。できれば診察終わってからの方がいいから9時くらいまで待ってもらえるかしら。」

 

だそうです。

みなさま、シャワーは診察後です。(笑)

毎日、体は拭いてもらってたし、頭も2日に1回は洗ってくれていたけれど。

なんてったって、12日ぶりのシャワーが待ち遠しい。

 

待ち望んだ若手先生の回診後、「シャ、シャワー!」というも、待てと。

若手先生の回心だけでなく、看護師さんのチェックも終えてからだと。

退院に向けて、気持ちが前のめりすぎ。(笑)

 

看護師さんによる最終チェックも終わり、いよいよシャワー。

気持ちええ!!

12日ぶりです。

 

お外はピーカンなので、日焼け止めなど最低限の化粧をして気づく。

えーと。

目が落ち窪んでいます…。

いくらポジティブ思考な私でも、彫りが深いとはとても言い難い。

なんか顔が老けてるしー!

ショーーーーック!

入院中はずっとメガネだったし、鏡を見ることなんてそうそうなかったので気づかなかったけど、どうやら今回の入院ではかなり体力を消耗した模様。

まだ体重計に載ってないけど、もし痩せてたら体重はキープしつつ、少しずつ体力も回復させねば。

 

そして念願の我が家へ。

ネコs、ただいまー!

ズカズカとまだ痛む腹の上に乗り、胸の上で寝ようとするシチサン猫。

腹もお胸の上もしばらくはNGでおながいしますよ。

 

家に帰るだけで疲れてしまい、すぐにベッドでゴロゴロ。

早くも角度が変えられる病院ベッドのありがたみを感じる。

翌々日には通院があるので、ちょっとずつ、ちょっとずつ社会復帰を目指します。

 

 

 

ネコsよ、腹の上はまだ痛いのだ。

ポチッ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村