乳がんファイターDiary / Diary of Breast Cancer Fighter

独身、一人暮らし。働きながら乳がんと闘います。

乳がんファイターDiary / Diary of Breast Cancer Fighter in Japan

再建手術後9日目のお話。

術後9日目には、ドレーンを強制抜去。

異物なので、ずっと入れていると感染症を起こしてしまうらしく、乳腺の手術の時もMAX2週間と言われていた。

この日で、ほぼほぼ10日目くらい。

まだ廃液量が多めな箇所があるも、強制抜去でやっと管が全部抜けた!

いやー、身軽!

やっとシャワーが浴びられる!

 

と思いきや、明日からだって。

ちぇっ。

 

待ちに待った退院だー!!

と思うも、実は身体がちょっとダルイ。

案の定、36.9度の微熱。

退院できなかったらどうしようと思うも、許容範囲っぽい。

38度以上の発熱があったら連絡してくださいと言われる。

割とスパルタですネ。

 

3回目のオペ後からあまりよく眠れていなかったせいなのか。

微熱があるからなのか。

イマイチな体調のため、ひたすら寝て過ごす術後9日目。

 

夜も早々に電気を消して寝ていたら、来ないと思っていた主治医が登場。

嬉しいサプライズ♡

アレ、海外出張って今日からじゃなくて?(笑)

お腹に赤くなっている部分があり、どうやらそこが気になるらしく、今日は病院ではなくクリニックの診察日なのに、帰りに寄ってくれた模様。

 

先  「ココ、痛い?」

は  「押すと痛いです。」

先  「もしかしたら水が溜まっちゃってるかもしれないからさ。ちょっとココの部分は慎重にみて行きたいんだよね。」

 

さらに、

 

先  「水を抜く通院で来週も来てくれるんでしょ?通院が大変なら乳腺の病院でやってもらう?」

 

通院は確かに乳腺の病院の方が楽だけど、慎重に診た方がいいならヤダよー。

先生、会いにゆきます。

今、会いにゆきます風。(笑)

 

は  「いえ、来れる範囲内では通院しますので、来週の外来でまた相談させてください。」

 

入院最終日は、思いがけない先生のサプライズ診察もあり、終了。

ずっと寝てなかったからなのか、体力的にも気力的にも回復してきたからなのか。

山は越えた安心感からなのか。

入院生活の中で一番よく眠れた日。

 

 

 

 

先生、看護師さん、みなさま。

お世話になりました!

ポチッ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村