乳がんファイターDiary

独身、一人暮らし。働きながら遺伝性乳がんと闘います。

乳がんファイターDiary

自家組織で再建、初診の巻。

待ちに待った初診ですよ。

1月に入院していたとき、予約を取るために電話をした。

1月に電話して、10月!!

なんと初診で10か月待ちですよ、奥さん!!!

いやー。インプラントだったら、もう手術は終わっていたハズ。

気の短い私が、よくここまで忍耐強く、待ったものだ。

 

予約前日に、念のため電話で日時を再確認。

だって、半年以上も待ったんだもん。

万が一、「え?日にち間違いですよ?」とか、「時間違いますよ!」とか言われたらショックすぎて、しばらく会社休むし。ってか、いつでも休みたいんだけど。(笑)

 

電話をすると「予約は13時ですが、かなりお待たせすることになると思います。」だって。思い起こせば、10ヶ月前も、かなりお待ちいただくことになると思いますと言われた記憶アリ。

待たされる、待たされるって言うので、どれだけ待たされるのかと思っていたら、約5時間!!

5時間!!!

途中、外出していいって言われたから、一人でカラオケ行って時間潰してみた。(笑)

 

そして、ついに診察。

紹介状を見ながら、遺伝性のことについてアレコレ聞かれる。

保険適用だったのかとか、予防だといくらなのか、とか。

先生、とっても興味があるらしい。(笑)

 

一通り問診をした後、上半身裸になる。

先生 「綺麗にエキスパンダー入ってるね!このままでもいいんじゃないの!?」

は  「ホントですか!?ぐふふ。」

は  (このままエキスパンダーとかないだろ!心の声。)

先生 「ちょっとスカート下げてくれる?」

 

って、ここで腹肉、背脂(背中の肉)など、いっぱい摘まれた。

他人にこんなに脂肪を掴まれたの、初めてだし!(笑)

 

脂肪を取るやり方として、3つご提案いただく。

①腹+腰上部

今、入っているエキスパンダーが約600cc。同じくらいの大きさ(と言っても、500ccくらい)にしようと思うと、2ヶ所から脂肪を取らなくてはいけないらしい。お腹と腰の脂肪を持ってきて、二つに折りたたむんだって。スゲー。

②お腹

①よりは小ぶりなお胸になるけど、お尻よりは大きめに作れる。

③お尻

②より小ぶりなお胸。

 

太ももの脂肪というやり方もあるらしいけど、私の場合は両側なので、オススメしないとのことでした。

 

①の術式は、過去に1人しかやったことないけど、大きく作る方が難しいので、闘争心が湧く!だって。(笑)

ちなみに、①のやり方で脂肪を取ると、お腹から背中にかけての脂肪を取るので、ウェストラインが、かなりほっそりするらしい。

おトク!

もちろん、その分、傷跡は大きくなってしまうけどね。

1ヶ月考える猶予をいただき、その時に手術をしたいと思ったら手術日を決めましょうとのこと。

 

 

でもね。

初診が10か月待ちでしょ…。

 

 

となるとですよ。

手術はね、

 

 

1年半〜2年後!

 

 

ウワォ!!!

閉店ガラガラ。

 

 

ま、ラグビーワールドカップの前には終わってるか。

 

ウェストラインほっそりと言われたら、俄然①でやりたくなってます。(笑)

というか、もう少し体重を落としたいと思ってるので、①ならそこそこのお胸ができるのかな、と。①でやる方向で考えます。 

 

エキスパンダー挿入歴、誰よりも長くなるんじゃなかろうか。(笑)

まだまだ、私の乳がん治療の旅は続く。

続くったら、続く。

 

 

 

 

ポチッ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村