乳がんファイターDiary

独身、一人暮らし。働きながら遺伝性乳がんと闘います。

乳がんファイターDiary

運が良い人。

夏バテなのか、なんなのか。

ココ最近、若干調子が悪いです。なんだか疲れもMAXで貯まっている気がする。

お腹ピーピーが、1週間ほど続いていて、さすがに1週間はヤバイと思い、内科に行ってみた。

夏風邪なのか。

はたまた、クーラーつけっぱで寝てるからなのか。

ただの食べ過ぎなのか。

胃腸薬などなどもらってきたので、それで治りますように。

お腹ピーピーで若干弱っているので、独り言を書いてみます。

  

経営の神様と言われる松下幸之助さんは、面接で「あなたは運が良いですか?」と質問し、運が悪いと答えた人は、どんなに成績が優秀だったとしても、落としたというのは有名な話。

 

この、「運が良い」っていうのは、くじに当たるとか、そういうことじゃなくて、「運が良い」って考えられるマインドを持てるかどうか、ということらしい。

 

幸之助さんはある日、船から落ちた時、

「自分は運が良かった。真冬の海だったら、助からなかった。夏の日に落ちて幸運だった。船長がすぐに気付いて引き返してくれたから助かった。自分は強運だ。」

と言ったそうだ。

 

でも、本当に運がいい人は船から海に落ちるなんてことはないんだろうけど、そんな大変な状況下でも運がいいと言ったのが松下幸之助さん。

 

さらに、

「私はやはり、そうした運といったものがあるという見方に立った方が、物事がより好ましい姿で進んでいくのではないかと思っている。

自分のことを考えてみると、90%が運命、運である。運命が100%ではない、90%。残りの10%が人間にとって大切。自分に与えられた人生を、自分なりに完成させるか、させないかという、大事な10%。ほとんどは運命に定められているけど、肝心なところは人間に任せられている。」

とも言っていたそうだ。

 

物事をポジティブに見られると、少しツライ状況になった時でも、希望を持って乗り切れるということなんだろうな。どんな状況になったとしても、前向きに行動し続けられると、それなりの結果もついてくるハズ。だから、運がいいと思っている人は、良い事が続いている状態、つまりは運が良い状態が続いていると見えるのだと理解した。

 

自分は不運だって思って過ごすより、ラッキーだって思って過ごした方が、なんだか幸せだもんね。だから、気持ちの持ち方次第で運が良い状態は作れるし、運を呼び寄せられる気がする。

 

私は他の人から見たら、割と可哀想な状態と言えないこともない。

独身なのに、両側乳がんになっちゃって、全摘して。

挙句の果てには、遺伝性だから卵巣がんになる確率もすごく高くって。

 

比較的早い段階で病気を見つけることができて、治療の結果、がん細胞は見えなくなった。

卵巣がんだって、事前に予防が可能な状態。

コレって、ラッキーだ。

こう思えれば、悪いことばかりでもない気がする。

もちろん、がんにならないに越したことはないんだけどね!

  

幸之助さんが言うとおり、運命なんていうものがあるのかどうかは分からない。

でも、もしも運命で、今世はがんという人生を歩むことが決まっていたとしても、残りの10%は自分次第で、どうにでも楽しめるということ。だから、10%は楽しむことに使いたいし、絶対使う!

 

あ、ちなみに私が昔から大好きな言葉。

「面白きこともなき世を面白く 住みなすものは心なりけり」

面白いと思えることのない世の中を、面白く。それを決めるのは自分の心持ち次第。

大好きな高杉晋作の辞世の句。

大変な時代を生き抜いた人も、こういうポジティブなマインドで、人生を生き抜いたんだろうね。

 

これからもいろいろあるだろうけど、引き続きポジティブに乗り切っていくし、乗り切れると思う。

 

運よ、来ーいっ!!

まずは、ピーピー治って!

 

 

あ、ワタクシ、いろんな分野のオタク成分がちょっと高めなので、歴史上の人物や戦術家、経営者の方のことを知るのが大好きです。れっきとしたオタクでもあるので、もちろん、ゲームとか漫画、アニメも大好きです。(笑)