乳がんファイターDiary

独身、一人暮らし。働きながら遺伝性乳がんと闘います。

乳がんファイターDiary

最新の遺伝性乳がん・卵巣がんに関する研究結果

日本語の記事が見当たらなかったので、英文のみだけど、ご紹介。

記事に書かれてることを抜粋して、シェアします。

 

記事は2017年6月21日現在、最新の遺伝性乳がん卵巣がんに関する研究結果とのこと。

 

Cancer Risks For Women Living With Gene Mutations Made Clearer In New Study

 

【抜粋】

<研究・調査について>

メルボルン大学とPeter MacCallum Cancer Centreによる研究結果。

・世界中から10,000人のサンプルにて調査

・期間:20年間

 

<乳がんについて>

・BRCA1陽性の人が80才までに乳がんに罹患する可能性は72%

・BRCA2陽性の人が80才までに乳がんに罹患する可能性は69%

 

<卵巣がんについて>

・BRCA1陽性の人が卵巣がんに罹患する可能性は44%。

・BRCA2陽性の人が卵巣がんに罹患する可能性は17%。

乳がんと異なり、年代による罹患のリスクではなく、生涯での発症リスクだそうです。

 

<がん罹患の年代について>

研究結果は、予防的切除でリスクを減らせる年代についても記載。

・BRCA1陽性の人は30代で罹患する人が多い

・BRCA2陽性の人は40代で罹患する人が多い

 

 

調査は、遺伝性の検査をすぐに受けるべきということではなく、親族に乳がん卵巣がんの罹患歴がある人は、遺伝子カウンセリングを受けてみて、より詳細な調査をしたいと考えたら、検査を受ければ良いと記載されている。

また、BRCAが陽性だということが既に分かっている人は、リスクを理解した上での対策を考えるのが良いであろうとのこと。

 

 

遺伝性乳がん卵巣がんに関する情報は、なんとなくまだまだ少ない気がする。

必要としている人に情報が届きますように。