読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乳がんファイターDiary

独身、一人暮らし。働きながら遺伝性乳がんと闘います。

乳がんファイターDiary

【術後】ハーセプチン4回目

4回目のハーセプチンも何事もなく終了。

目立った副作用はなく、爪が割れやすいのと鼻血をたまに出すくらい。

これは恐らく、ハーセプチンが終了するまで、うまくお付き合いして行かなくてはならないものなのであろう。

 

そして。この日はいろんな科を行かなくてはいけないので、大忙し。

ハーセプチン終了後は乳腺外科へ。

先生に生理が戻ったことを報告した上で、以下の質問。

ハーセプチン中でも卵子取れますか?(凍結)

ハーセプチン中断して、不妊治療ってできますか?(別に不妊治療すると決めてない)

 

先生の回答は、どちらに対しても、

「事例がないですね・・・。」

 

ですよねー。

そう思ってました。とりあえず、次回のハーセプチンまでに調べてみてくださいませ。

 

続いて、婦人科。

卵ちゃんがそもそも残っているのか、前回の診察の時に調べてもらっていて、その結果を聞きに行く。残っていなければ、卵巣切除を気持ちよく決断できる。

そーしーたーらー。

 

残ってました。。。

 

ってことで、乳腺外科で質問したことと同じことを質問するも、やはり即答はされず。

 

っていうか、私って遺伝性とかで超レアキャラな上に、レアなことしようとしてるかもじゃないですか。

命がどうこうとかじゃなければ、実験してもらっていいし、学会とかで発表してもらっていいから、治験者ディスカウントみたいなのしてくれませんかー?

ま・じ・で。

だって、卵巣取るの約100マン。

ほんと、ディスカウントプリーズ。 

 

続きまして、精神腫瘍科。

生理が戻ったから、乳腺外科&婦人科でいろいろ聞いてみた、と話をする。そのあとは、自分の診察と全く関係ないことをいろいろ質問したり、世間話したり。前向きな話もできて、和やかな雰囲気で診察は終了。

もう精神腫瘍科は卒業っぽい雰囲気が最後に漂うも、「また次の診察の時に寄る?」と聞かれたので、「寄る!」と回答し、常連化。

この先生とのおしゃべりの時間、好きだなー。

 

精神腫瘍科の先生に、名刺をいただき、お礼のメールを家に帰ってから送ってみたら、今日お返事が来た。先生からのお返事抜粋。

 

前向きには、①過去ではなく未来志向、②ネガティブではないポジティブ、という2つの意味があります。どんどん、前向きでやっていきましょう!

 

ついついこんな病気になると、あの治療の選択は良かったのか、とか。

なんであの時に・・・とか。

いろいろ、考えちゃうけど。

 

うん、うん。

未来志向でポジティブでいること、重要だよな。

5年後、10年後の自分、何してるか考えてみた。

そんなことを考えてたら、ワクワクしてきた。