読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乳がんファイターDiary

独身、一人暮らし。働きながら遺伝性乳がんと闘います。

乳がんファイターDiary

卵子とか卵巣とか、子供とか

ひとりごと 遺伝性乳がん・卵巣がん 乳がんいろいろ

ワタクシ、今まであまり子供を欲しいと思ったことがありませんで。

というか、自分が子育てしているイメージが、昔からあまりなくて。

決して、子供が嫌いとかそういう訳ではないんだけれども。

 

それでもって、遺伝性の乳がんということが分かったので、カレと卵巣切除について話しをしたのです。今まで、あまり子供だの結婚だの、そういう話をしたことなかった私たち。

以外や以外。

カレは子供がいたら、それはそれで楽しいだろうなと思っていたそうな。

ズバリほしいとは言わなかったけど、まあ、そういうことなんでしょうな。

 

なので、私も改めて考えた。

自分、卵子凍結までして子供が欲しいのか?

いっぱい考えた結果、やっぱり自分が子育てしてるイメージが湧かない。

それは、たぶん病気になってなかったとしても。

あと、子供を産んで育てるというタイミングを逸してしまっている気もしている。

もし、子供を産むとしたら自分のためじゃなくて、カレのためなんだろうな、と。

 

それでもって、カレもいっぱい考えてくれた。

生理が戻る>卵子凍結>受精>着床>妊娠>産む

このCVRを考えたら、卵巣がんになる可能性の方が高いので、卵巣を切除した方が良いと。CVRとか、マジで表現がオタクだわ。(笑)

※CVRとは、コンバージョンレートの略で、ウェブサイトの訪問者数に対して、サイトで商品を購入したり、申し込みしたりする人の割合のこと。つまり、妊娠して産める確率は低いのではないか、ということを言っています。

 

ありがたや。

病気になった私を受け入れて、ちゃんと考えてくれて。

 

もちろん、子供がいる人生は楽しくて素晴らしいものだろう。

実際に子供を産んでみないと分からないし、もしかしたら、私には一生分からないことかもしれないけれど。

 

でも、様々な理由で子供のいない人生を歩む人はいる。

自分で選んで子供を産まない人。

病気で子供を産めなかった人。

きっと、いろいろ。

 

人って選択肢があると、選ばなかった道を選んでいたらどうなるのか、とか。

結局、隣の芝が青く見えたりとかするんだろうな、とか。

病気になってから、いろいろ考える今日この頃。

 

で、肝心の自分はどうしたいのか。

一度の人生だし、自分の人生なので、好きなようにしたいと思います。(笑)

卵巣切除のタイミングは思うところがあって、もう少し先になりそうなので、それまでに生理が戻れば卵子凍結をチャレンジしてもいいし、その時の気持ちで決めようかなと。

 

もし、卵子を凍結せずに、子供を持たない選択をしたとしても、後悔しない自信がある。

なぜなら、自分で納得して出した答えであり、カレともきちんと話し合って出した結論だから。ちゃんと向き合って話すことができて、良かった。

この先、カレとどうなるか分からないけど、一緒にいる間は、お互いの気持ちを尊重して、お互いの気持ちに寄り添っていけたらいいな、と思うのです。

 

私は卵子凍結について、元主治医から何も言われることなく抗がん剤治療に入ってしまいました。つまりは、化学療法によって閉経する可能性があることを知らずに治療に入ってしまったのです。

でも、そのことについて、別に元主治医を責めるつもりはありません。

説明を受けていたら、事前に卵子凍結などしていた可能性もあるかもしれないけど、卵子凍結したからといって、絶対妊娠できるわけでもないし。それより何より、早く治療を始めることによって、急激に大きくなった癌細胞が、結果的には無くなっていたので、感謝しています。

でも、女性にとっては、とても重要なことなので、年齢や独身、既婚など関係なく、化学療法による閉経の可能性については、治療を開始する前にきちんと伝えるべきことだと思うんです。 

 

なので、これから治療を始める方は、化学療法によって閉経する可能性があること。

生理が戻らない可能性があること。

今後、子供を産みたいのかどうか。

など、きちんと考えてから治療をスタートした方が良いと思います。

 

一度の人生だし、自分の人生。

後悔のないように。