読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乳がんファイターDiary

独身、一人暮らし。働きながら遺伝性乳がんと闘います。

乳がんファイターDiary

手術の振り返り

なんとなく、手術の振り返り。

 

生まれて初めての入院&手術ではあったけど、そんなに緊張はしていなかった。

自分が頑張るフェーズは終わり、次は先生が頑張るフェーズだし。

任せた!先生!という感じ。

 

手術前日、センチネルの注射を打った後は、何もすることがなく、部屋でゴロゴロ。

外出届を出し、母と夕飯を食べ、またまた部屋でゴロゴロ。

 

すると看護師さんが来て、前日と当日の朝、上半身を特別な洗剤で洗わなくてはいけないと言う。きちんと洗えてるか確認するので、身体を一通り自分で洗ったら、身体を拭かない状態でナースコールせよ、と言われる。

早速、身体を洗って、ナースコール。

乙女心をのぞかせ、シャワーカーテンをちょっとだけ開けて「洗いました…。」と伝えたら、豪快にシャワーカーテンを開けられる。

 

おーい!ちょっと…。

恥ずかしい…。

 

クネクネしてたらピンク色の洗剤を渡され、

看護師さん「耳の後ろも含めて、上半身だけ洗ってください。洗い残しがないか見てますね。」

 

えええ!人前で身体洗うとか、マジ恥ずかしいんですけどー!

看護師さんには日常なんだろうけど、慣れてない私にとっては割と恥ずかしいプレイ。(笑)

 

ちなみに、このピンクの洗剤は常在菌をしっかり落とすための洗剤だとか。常在菌とは、いつも肌にいる菌で、通常は害はないもの。ただ、傷口(手術時の)から常在菌が入ってしまうと、感染症を起こす可能性があるそうなので、ピンクの洗剤でしっかり落とすということらしい。(このプロセス、1年前に手術を受けた方はなかったそうなので、やる病院、やらない病院があるかもです)

 

当日の朝も言われた通りピンクの洗剤で体を洗い、手術着と丁字帯を着用して自分の順番を待つ。

待つ。

待つ…。

待つこと約40分。

前の方の手術に時間がかかったようで、私の手術は予定より遅れてスタートした。

 

ドラマなんかでは、ベッドに寝かせられて、「頑張ってね!」と家族に声をかけられながら手術室まで運ばれるシーンを見るけど、実際は自分で歩いて行く。(笑)

自分で歩けるような患者さんは、きっと、あの涙を誘うようなシーンはない。

 

手術室前で母と別れ、手術台へ。

初めて入る手術室の中をキョロキョロ見渡す。

案外狭いんだな、手術室って、なんて思っていたら。

 

「では、手術台に寝てください。」

 

おー!いよいよか!と思いながら手術台に横になる。

 

「脳派を計るシール貼りますよー。……。え?!」

 

「え?」ってなに、「え?」って。(笑)

なんか変なもの出ちゃってます?出しちゃいました?

 

「貼りなおしますね。」

 

貼りなおしてもらって、脳派OK。

医療ドラマの見すぎで、いろいろ妄想してたから変なもの出ちゃったのかも。

 

「では、麻酔ですよー。」

看護師さんが右手、主治医が左手を握ってくれている。

やだ!ちょっと!手とか握られたら惚れてまうやろー!!!と思っていたら、頭上のライトがグワングワンまわってるように見えて、その後は記憶がない。

麻酔いれるよー、って言われてから、たぶん3秒くらい。

 

麻酔から目が覚めた時は、たぶんリカバリールームにいました。

「あ!目が覚めましたね。では、お部屋へ戻ります。」と言われ、ベッドをガラガラ運ばれ、部屋に戻り、母と姉がいるのが見えた。

 

母と姉に、「大丈夫?」と言われ、「うん」とうなずいた記憶と手を握られたような記憶はある。でも、まだ麻酔で朦朧としていたので、お喋りとかできないし、なんだかまだ眠かったので、握られている手を振り払って「バイバイ(もう帰って)」って手を振って追い返した。

今になって思うと、手術中、何時間も待たせて心配かけた割に、本当に失礼だな、自分。(笑)

 

その後は、以前書いた術後の状況に。

看護師さんに隠れてこっそりお茶を飲んだり、マーライオンになってみたり。

2日目くらいからはメキメキ元気になる一方。

 

これから手術をする方、手術の体感時間は、たぶん1分以内。

患者は寝るだけ。

先生が頑張ります。

寝て、目が覚めたら終わってるので、安心していい夢見てきてください。