乳がんファイターDiary

独身、一人暮らし。働きながら遺伝性乳がんと闘います。

乳がんファイターDiary

反対側の影の針生検の結果

本日、術前のエコー検査&反対側の針生検をした結果を聞きに行ってきた。

エコー検査の時、針生検をした側もかなり入念に、リンパの方も見ていたので、「これはクロだったな…。」と思いながら診察へ向かったら。

 

結果、針生検では分からず。

なんとなく、覚悟して診察に向かったので。

ズコーっ!!!ってかんじ。

 

針生検で結果が分からないなんてこと、あるんですねー。

タダの乳腺の異型か、癌か分からなかったんだと。

ハッキリさせるためには、生検をする必要があるのだそうです。

仮に生検の結果、癌だったとしても、かなりの早期になるので、あまり心配はしていない。反対側にも影アリと言われたときは、「マジかよ!」と思ったのは事実だけれども。一度、乳がん告知を受けている者としては、「取っちゃえばいいんでしょ!癌のヤツ、こんちくしょうめ!」くらいにしか思っていなかったりもする。

 

ということで、今の私の選択肢は以下の通り。

① 癌のあった方だけ全摘し、反対は生検の結果を見てから決める。生検の結果、クロだったら再度入院&手術が必要。

② 両方全摘しちゃう。ただし、怪しい影の方は、癌とまだ診断されてないので自費。

③ 生検ついでに癌のところだけ全部取り(つまりは温存)、放射線治療をする。

 

術式とあわせて、同時並行で決めなくてはいけないのが、エキスパンダーを入れるかどうか。エキスパンダーを入れる=ブラバ再建はやらないということになる。

両胸になると、さすがにブラバの費用は痛いし、あまりにも短期間でいろいろと決断をしなくてはいけないというのは、なかなか難しい。

 

センセイがまた年内に来るのが面倒じゃなければ、一度持ち帰って考えてもいいよ、と言ってくれたので。

一旦、持ち帰って29日に最終結論を出そうと思う。

 なんとなく、自分の中では結論は出てるけど。

一応、母と彼氏にも針生検の結果などを伝えた上で、決めようと思う。

 

選択肢が多いのは患者にとって喜ばしいけれど、決めるのも大変だ!