読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乳がんファイターDiary

独身、一人暮らし。働きながら遺伝性乳がんと闘います。

乳がんファイターDiary

ウィッグ探し①

どうやら抗がん剤治療をすることは避けられない。

ということは、脱毛は避けられないはずなので、ウィッグ探しを始める。

 

まずはインターネットで検索。

医療用ウィッグで検索をすると、いいお値段するものばかり。

 

ファッションウィッグは安いけれど、医療用ってこんなに高いのか。

でも、会社に行く予定だし、あんまりヅラヅラしていて、いかにも乗っかっているという感じのものはイヤだ。

 

抗がん剤治療前に、化学治療室の見学&オリエンテーションを受けた際、

看護師さんから各社ウィッグメーカーのパンフレットもいただいた。

 

「これだ!と思うものが必ずあるようですよ。お店にいって試着とかしてみるといいかもしれませんね。あと、患者さんでステキなウィッグつけてたので聞いたら、○○におしゃれなウィッグ屋さんがあるみたいです。」

 

早速、病院内のカフェで各社パンフレットを吟味。

ヅラも大事だけれど、途中の髪が抜けるケアのプロセスも大事そう。

今行っている美容院の美容師さんは仲良しだけれど、オープンスペースで坊主にしてもらうのはなんだか気が引ける。

 

そう思いながらパンフレットを見ていると、個室美容院&ウィッグ試着&購入が

できるというお店を発見。

 

坊主にするにしても、ヅラを買うにしても、いつか脱ヅラするにしても、近いのは便利そうだ。

ということで、その場で電話をして「15分後くらいに行ってもいいですか?」

といきなり押しかける。

 

通常だと1時間くらいかけてヅラ探しをするそうですが、いきなりおしかけたので30分ほどお話して、気になるウィッグをオーダーしていただき、次回の予約を入れる。

 

続く。