乳がんファイターDiary

独身、一人暮らし。働きながら遺伝性乳がんと闘います。

乳がんファイターDiary

遺書について考える

今まで何も考えずに生きてきた。

イライラすることもあれば、へこむこともある。

でも、毎日それなりに幸せな日々を過ごしてきた。

 

けれども。

乳がん宣告をされて、少しだけ「死」というものが身近に感じられた。

 

私が死んだら、保険金って誰が受取りになっていたっけかな。

ほんの少ししかないけれど、貯金ってどうなるのかな。

Miu Miuの靴、仲のいい子に履いてもらいたいな。

 

死ぬつもりはさらさらないけれど。

死んじゃったら、これらってどうなるんだろう?

 

いろいろ考えた結果、死んでしまった後も自分の意思は伝えたいし、

やってほしいことがあったら実行してもらいたい。

 

ということで、遺書を書こう。

 

と思いたち、便箋を買いに行こうと思ってから、早1か月が過ぎました。

ちゃんと書くもん。