乳がんファイターDiary / Diary of Breast Cancer Fighter

独身、一人暮らし。働きながら乳がんと闘います。

乳がんファイターDiary / Diary of Breast Cancer Fighter in Japan

【紡ぎ】開催報告&特別企画のご案内&再建サロンのご案内

毎日、暑い!!暑すぎる。

通勤などで駅まで行くだけで、汗だくです。

プール帰りの小学生のごとく、髪の毛、特に襟足がビショビショ。

皆さま、熱中症にならないよう、こまめな水分補給を心がけてくださいませ。

 

そして土曜日には、7月の「紡ぎ」シェアルームを実施し、4名の方にご参加いただきました。この暑い中、ご参加いただきありがとうございました。

今回は初の少人数開催で、いつもと同じ流れだと時間が余ってしまうかもしれない!!

ということで、「ポストイットに悩みや話したいことを書いてもらい、それについて話し合おう!」と決めてみた。

やってみた感想。。。

イマイチだったかも。

参加者の皆さま、スミマセン。

こんな風に「参加して良かった!」「また参加したい!」と思っていただけるように試行錯誤を続けております。

アンケートいただき、ありがとうございます。

いただいたご意見は真摯に受け止め、改善に努めて参りたいと思いますので、今後とも「紡ぎ」をよろしくお願いします!

 

8月の特別企画は満席になってしまいましたが、9月も特別企画を実施します。

9月の特別企画は、「知って安心、がんにまつわるお金の話」です。

がん治療って、何気にお金がかかるんですよね。

治療費はもちろんのこと、ウィッグだの、術後の下着だの。

ほーんと、お金が出て行く一方。

がんとお金をテーマに、お話ししてみませんか?

ファイナンシャル・プランナーとしてご活躍中の黒田ちはるさんをお招きし、約1時間のミニ講演会も予定しております。

お申し込みは、「紡ぎ」ホームページよりお願いいたします。

紡ぎ ~Hope for Ribbon~

 

また、「紡ぎ」のシェアルームで必ず話題になるのは再建。

再建方法はいろいろあるし、本当に悩みポイントの一つですよね。

8月も乳房再建サロンは実施予定だそうです。

日時などの詳細は、みやびちゃんのブログでご確認くださいませ。

乳房再建サロンの常連ブログ

 

 

本当に暑い毎日です。

皆さま、お体ご自愛くださいね。

 

 

 

夏バテ・熱中症注意報!!

ポチッ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 

3回手術のワケ。

さて、前回の記事で3回手術をしたことを書いたのですが。

今回は、なぜ3回の手術に至ったのかを書いてみます。

 

まず1回目。

もともと、朝8:30に手術室に入り、先生は「22:30ごろには終わらせる!」って鼻息荒く言ってたけれど、日付が変わるくらいならまだしも、翌日5:30AMに部屋に戻ってくるという前代未聞の約21時間オペ。

かなり長時間のオペだったため、麻酔からハッキリと覚醒することはなくって、回診の時に「右胸が痛い」ということだけは何度か伝えていた。

病室で回診の様子を見ていた母曰く、右胸だけぶどうみたいな色になって、バレーボールくらいの大きさに腫れ上がっていたとか。

きっと、バレーボールは大げさ。(笑)

主治医曰く、今まで1,700人くらい手術してきたけど、こんなに体が腫れて浮腫んだ人は、私以外に3人しかいなかったと。

またまたレアキャラモード発動。

4人/1,700人ですよー。

私も痛いって言ってるし、色はおかしくて、腫れ上がってるし。

血管がきちんと繋がっていなく、血流が悪いのかもしれないということで、2回目の手術へ。

 

2回目。

手術日から2日後。

といっても、部屋に戻ってきたのが既に手術の翌日だったので、実際は手術後翌日っていうカウントになるのかもしれない。

状況が全く改善されないので、2回目の手術。

切れてた疑惑の血管はきちんと繋がっていたけれど、血管が細すぎて血流が悪くなっているのかもしれないということで、腰のあたりからより太い血管をもってきて繋ぎなおしという対応。

これで状況が改善されるかと思いきや、相変わらずの右胸。

2回目の時は、胸よりも腰痛の方がひどくて。

とりあえず、「痛いです!(腰が)」と伝えて、点滴・飲み薬などもらってみるも、腰痛に対してって、痛み止めが全く効かないんですね。

腰が痛すぎて胸の痛みになんて全く意識がいかなかったけど、ぶどう色のバレーボール状態は相変わらずだったらしい。

 

ついに3回目は、緊急手術。

主治医から、「腫れがすごいから血管が押しつぶされてしまっているのだと思う。だから、脂肪を少し抜いて、腫れても大丈夫なようにしよう。もう一度だけ手術をさせてくれる?緊急手術するから。」と。

この日は主治医の外来の日。

外来診察は、いつも2~3時間待ちは当たりまえ。

診察を待ってる人がいっぱいいるのを知ってるし、全国から主治医目当てで来ている人がいるのも知っている。せっかく再建を楽しみに主治医のところに来ているのに、私のせいで会えないなんて申し訳ないなー、と心の中で思ってしまった。

そんなことを思いつつ、麻酔から抜けきらない状態で絞り出した言葉は「右だけ脂肪を少なくしたら、左右のバランスがおかしくなっちゃうのはどうするの?」という質問。

主治医からは、「すぐには修正できないけど、1年後に修正しよう。」と。

また1年後に手術するのかよ!と思いながら、渋々OK。

3回目の手術後は、肺に水がたまったり、潰れてしまったりとHCUに入ったものの、やっと、やっと、3回目にして私の再建手術は終わったのでした。

 

要約しますと、私は珍しいくらいの浮腫み体質で、主治医もビックリなくらい体が腫れあがり、血管が押しつぶされてしまったために3回の手術で対応が必要だったのでした。加えて、抗がん剤治療により血管がもろくなっていて、切れやすく、それもとても苦労したのだそう。

 

はぁーっ!長かった。

ここまで本当に長い道のりだった。

 

次からは、麻酔覚醒後からのお話。

 

 

 

 

メタルスライムなみのレアキャラ。

ポチッ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 

再建手術のお話。

三がつくことわざって結構ありますよね。

 

石の上にも三年

三人寄れば文殊の知恵

早起きは三文の得

三度目の正直

 

えっと。

私の手術は三度目の正直でした。

つまり、3回手術をしました。

 

1回目。

余裕綽々です。

看護師さんとベラベラ話しながら自分の名前が呼ばれるのを待つ。

やっと名前が呼ばれ、手術台に乗ると、点滴のライン取り。

乳腺の手術の時は手首のあたりだったけど、今回はどうやら足にするらしい。

足の甲に針をプスリ。

 

いっでー!

 

失敗。

 

2回目。

マジで痛いし。(涙)

でも強がって、「私、痛みに強いので大丈夫です。」と言ってみる。

実際、耐えられる痛みだし。

 

が、しかし、失敗。

 

3回目。

失敗。

 

4回目。

失敗。

 

麻酔の先生かな。

「痛みに強いって言っていただいたんですけど、僕が耐えられないので、麻酔をかけてからにしますね。」だって。

 

そして、麻酔がかかる前に先生登場。

「先生、頑張ってください。よろしくお願いしまーす!」とたぶん言い切ったところで眠りに落ちる。

 

どうやら私の手術時間は前代未聞の長さで朝8時半に手術室に入り、終わったのが翌朝4時半。

自分の部屋へ戻ったのは、朝5時半くらいだったらしい。

ひー!

先生たち、お疲れさまでした!!

そして、手術中ずっと待っててくれた母も、お疲れさまでした!

その間、お留守番してくれていた猫sもお疲れさまでした!

本当にみんな、ありがとう。

 

麻酔が抜けきらない状態で部屋に戻ってウツラウツラしてたわけですよ。

そしたら、なんとなく右胸が痛い。

手術直後は1時間おきに看護師さんの回診があるので、右胸が痛いと言ったら先生たち登場。

 

2日後、2回目の手術へ。

もうね、麻酔が抜けきらないタイミングでまた麻酔をかけられるんで、正直ここらのことはよく覚えてないんです。でも、とにかく2回目が必要ということだけは分かっていて、再度手術室へ。

この時は6時間くらいかな?

終了し、部屋へ戻るも右胸の状態は相変わらず。

 

2回目の手術の翌日、3回目の手術へ。

「もう先生、インプラントでもいいですよ。私、とにかく6/18には働き始めなきゃいけないんです。」と言ったのは記憶がある。

まさかの、生まれながらの社畜体質をここで発揮。(笑)

が、先生が「ここまで頑張ったんだから、もう1回だけ頑張ろう?絶対これで最後の手術にするからさ。もう1回だけ、やらせて?もう1回僕のこと信じて。」と言われ、3回目の手術へ。

 

3回目の手術に入る前くらいは麻酔ハイになっていたっぽい。

身体的には辛いんですけどね。

脳内は、なんかドラえもんの世界にいる夢を見ていたり、ポケモンの世界にいたりとやたら楽しい夢ばかりを見ていた。

ってか、夢の内容が全て小学生並み。(笑)

 

そして3回目の手術室。

らいおんハートがかかっていた。

そして、先生が肩に手を置いて「これで絶対に最後の手術にするからね。頑張ろうね。」って言ってくれたのは覚えている。

その後、すぐに麻酔をかけられ、眠りに落ちる。

 

3回目の手術の麻酔から覚醒した後に「HCUに入れよう」という会話が聞こえた。

どうやら手術中に肺に水がたまり、さらには肺が潰れ、一般病棟に戻すよりHCUで診てもらった方がいいだろうとの判断だったようです。

 

麻酔直後って、喋ったりはできないけど、意外と意識ははっきりしていて先生たちが話してる声はしっかり聞こえる。

 

先生A 「HCUって血管ちゃんと診れる看護師いるの?」

先生B 「いやー、いないんじゃないかな。誰かに指導してもらいに行ってもらうのかね?」

主治医 「オババに行ってもらえばいいよ。オババはなんでも分かるから。」

 

主治医が病棟看護師のことを「オババ」と言っているのを、シカと聞きましたよ!

ってか、誰?オババって。(笑)

 って思いつつ、

「おいおい!こちとら、血管が一番重要なんだよ!ちゃんと診てくれないと困るよー。ぽっと出の看護師で大丈夫なのかよ。」

と、心の中で叫ぶ。

 

HCUに入ってから以降は、割とずっと痛みとの戦いでして。

うん十年後に遅れて来たイヤイヤ期。

看  「お体拭きましょうか?」

は  「ヤダ、拭かない。」

看  「歯磨きしてみますか?」

は  「ヤダ、磨かない。」

看  「お水飲みますか?」

は  「ヤダ、飲まない。」

 

とにかく体が辛くて辛くて、身体に触られるのが本当に嫌だったんです。

でも、結局はされるがままに体拭きとかされるんですが。(笑)

 

痛みに耐えてる最中、いろんなことを考えてました。

性同一性障害の手術の痛みって相当なものらしいんですよね。

KABAちゃんだって頑張ったんだから、私も頑張れる!

とか。

きっと叶姉妹もあそこまで体を改造するには相当の痛みを乗り越えてるはず。

とか。

そう考えると、自分の理想の体にするには少々の痛みはしゃーないなと思って、頑張ろうという気持ちになってみたり。

が、たまに「インプラントだったらもう退院して家にいただろうなー。」なんていう考えも頭をよぎってみたり。

だってさすがに3回もオペすることになるとは思ってなかったから。

 

あと、私は手術の前には決まって神田明神にお参りに行くのですが。

平将門さま、マジで痛いよー。頼むぜー。」と直接お願い。

将門さまも京都から東京に帰ってきたとき、相当痛かったと思うけど。

娘と同じ名前のよしみでなんとか少しでも痛みを取ってくだされ!と将門さまプリーズ状態。 ※平将門さまの娘の名前の一部が同じ。

たまに間違えて将門さまじゃなくて、道真さまにお願いしてる私。(笑)

きっと神様だから寛大に違いない。

ここは、麻酔ハイになってたので許しておくれ。

 

まあ、そんなこんなで4.5日ほどベッドで寝たきりで過ごしておりました。

長くなるので、3回の手術の理由や麻酔から覚醒してからのお話はまた後で。

 

 

 

ドラえもんの夢、楽しかったなー。

ポチっ。 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 

入院当日から手術日までのお話。

入院当日は朝10時くらいに病院に到着し、病棟の看護師さんに言われていた通り10時半くらいに病室へチェックイン。

 

到着してすぐに病棟の看護師さんより、入院中の説明などを受ける。

採血をした後に先生が来て、マーキングをしますという話を聞いた直後くらいに、看護師さんのピッチが鳴る。

 

看 「あの。先生があと15分くらいでマーキングに来るらしいので、今すぐお風呂に入ってください。」

は  「えー?15分?採血は後ででいいってことですかね?」

看  「なんか、もうすぐ来るらしいので、とにかく入っちゃってください。」

は  「急ぎますー。」

 

バッタバタです。(笑)

乳腺の手術の時って、センチネルやった後は暇すぎてどうしようという感じだったけど、なんだか忙しい。

 

急いでシャワーを浴びて出て来るも、先生なかなか来ないし。

先生、THE 自由人。(笑)

 

しばらくすると、先生が入ってきてマーキング開始。

マーキングをしてもらいながらの、ベラベラおしゃべりタイム。

 

先  「エキスパンダー、手術までなんとかなって良かったねー。」

は  「はい、良かったですわー。そういえば、乳腺の先生にエキスパンダーが破損したって言ったら、驚いてました。」

先  「まあ、あまりないけど、珍しい訳ではないよ。手術中にちょっと傷がついちゃったり、折れてたりすると圧がかかって穴が空いちゃうことがあるんだよね。」

は  「へーx10!」

 

さらにお喋りは続く。

 

先  「いやー、結構大変な手術だよねー。」

は  「そうですよねー、私は寝てるだけだからいいんですけど。先生、体調どうですか?」

先  「僕は大丈夫だよ。しかし、ここまで来ると趣味の領域だからね。」

 

 

!!

 

 

 

趣味!!! 

 

 

やっぱり…。

術式をいくつか提案されたけど、私の意見なんて聞かずに先生が決めたもんね。(笑)

まあ、先生がやりたいならきっと完璧に仕上げてくれるハズ。

と思って、その通りにしたけど。

先生、ガンバレー。

 

さらにお喋りは続く。

 

は  「先生、7月にも両側の友達が先生に手術してもらうから大変続きですね!」

先  「今年はさ、両側が多いんだよねー。」

は  「へー。両側乳がんの人が増えてるとかあるんですか?」

先  「いや、そういう訳ではないと思うけど。たまたまかな。でも、アメリカでは遺伝子検査が保険でできるから、6割くらいは両側全摘しちゃうんだよね。」

は  「へーーーx10!日本も保険適用されたら、先生のとこに集中しちゃったら大変ですねー。早く弟子を育てないとですね。」

先  「今どんどん育ててるよ。いつまでも僕一人で出来ないし、全国でも出来る先生はどんどん増えてるよ。」

 

だ、そうです。

 

そうこうしている間にお絵描き終了。

えーっと。写真は載せませんが。

ウルトラマンのようですね。

エヴァンゲリヲンか?

黒とかパープルとかピンクとか赤とか。

いろんな色が混ざってる。

カラフルすぎて、正義の味方というより怪獣系かも。(笑)

 

マーキングが終わった後、病棟の看護師さんに、任意だけど足の裏に名前を書いてくださいと言われたので、左足に姓、右足に名をカタカナで、デカイ字で書いてみた。

さらに片足ずつヨロ・シクって書こうとしたけど、ペンを取り上げられた。(笑)

何か良からぬことが起きるかも、と察知したっぽい。

ベテラン看護師め!

やりおる。

 

が、しかし。

夜勤の看護師さんに変わってすぐに、「あのー、足の裏の名前は書いてましたっけ?」と言われ、自慢げに両足を見せたら「あぁ、両足に書いちゃったのね…。でも、片足にフルネームにしましょうか。」と言われ、姓の下に小さく名前を書き足す。

夜勤の看護師さんに変わった瞬間に言われたので、カルテに「両足に名前を書きました。片足に書くように伝えてください。」とでも書いてあるのだろうか。

はたまた、申し送りの時に「◯◯号室の患者、嬉しそうに両足に書いてたので言えませんでした。」とか言われてるのだろうか。

読みやすいように大きな文字で両足に書いたのに。

任意なんだから、好きに書いたっていいジャン。

でも、どうやら片足しか名前チェックには使わない模様。

手術室で体を裏返したら笑いが起きるかも?(笑)

 

そして夜21時ごろ、指示通りに下剤を飲んでから眠る。

手術の前日は、シチサン猫がなぜか大騒ぎしていたので4時間くらいしか眠れず、緊張することもなく、ぐっすり眠れましたよー。

 

そして翌朝。

手術当日。

下剤の効果がありませーん。(笑)

看護師さんに、動いて水飲んで腸を動かしてね!って言われたので、部屋の中で一人スクワットをしたり、ガックンYoutubeを見ながら小声で歌って踊ってみるも、出なーい。

 

鳴呼・・・。

イヤだよ。

ネクストステップはハードなものに進むんだね…。

THE KANCHO。

入れたらすぐにお腹がグルグルするけど、5分から10分、できれば10分は耐えてくださいって言われたけど、5分が限界だった。

自力で出したかったよ。(笑)

 

そして手術室へ向かう前、手術着へのお着替え。

サイズはMかLかと聞かれたので、元気に「Mサイズです!」と答えて手術着に着替え、手術室へ。

気合いも入り、手術室に一番乗り。

パーテーションで仕切られた椅子に座り、自分の名前が呼ばれるのを待つ。

一番に乗り込んでみたものの、なかなか名前が呼ばれないので、看護師さんとおしゃべり。

 

は 「なんか人(手術を受ける人)でいっぱいですね。手術室っていくつあるんですか?」

看 「12ですね。1つは緊急用でいつも空けてます。」

は 「あのー。手術時間が長い時って、先生たちはトイレってどうしてるんですか?実は入院前に、がん友とラインで話題になりまして。垂れ流し説、オムツ説が出ました。お腹が開いてるときに、まさかの垂れ流しなんてないですよね?」

看 「いやー、さすがにそれはないです。基本的にはトイレに行かないと思いますが、どうしてもな時は休憩のような形でトイレに出ると思います。何時間も耐えられないですよね。」

は 「へー。術後に友達に報告しておきますね!」

 

しかし、待てど暮らせど、全く名前が呼ばれない。

しょうがないので、手術室の人間観察。

よくよく周りを見回してみると、みなさんの手術着の丈、くるぶしくらいまで。

私、Mサイズで膝丈。

ソウイウモノダッタノデスカ?

一人、ミニ丈っぽくて恥ずかしいです。(笑)

 

やっと名前が呼ばれた!!

いざ、参らん!

先生、ガンバレー!

 

 

 

 

前回の全身麻酔。 

麻酔後に 水をがぶ飲み マーライオン (五七五)

ポチっ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 

【紡ぎ】シェアルーム&特別企画のご案内

紡ぎの7月シェアルーム開催のご案内です。

 

7月の紡ぎシェアルームも告知1年未満の方を対象としております。

ほぼ同じタイミングで治療している仲間です。

きっと参加する全員が、貴女と同じような不安な気持ちや悩みを抱えています。

そんな仲間と気兼ねなく話をすることができる場です。

また、私たちスタッフも自分たちの経験に基づいたお話をすることができます。

他の人には話しにくいことも、話しやすいのではないかと思います。

不安なこと、聞いてみたいこと、紡ぎのシェアルームでお話ししてみませんか?

 

紡ぎシェアルームの詳細とお申し込みは、ホームページよりお願いいたします。

紡ぎ ~Hope for Ribbon~

 

 

そして、さらに!!

8月は精神腫瘍科の保坂隆先生を招いて、特別ワークショップを実施します。

心のケアの方法や、周りとの付き合い方などについてお話いただき、そのあとは保坂先生によるグループワークを行う予定です。

このワークショップは、告知年数などに拘らず、乳がん経験者であればどなたでも参加可能です。

ワークショップの詳細およびお申込みは下記サイトよりお願いいたします。

乳がんと心のケア

 

 

そういえば、がんと告知された直後に読んだあるブログを書いている方に、メッセージを送り、その時にいただいたお返事にとても励まされたな。

今でもそのメール、たまに読み返す。

とても励まされたということ、今さらだけどお礼のメールをしてみようかな。

乳がんパイセンって、みんな優しいですね。 

 

 

あの時のありがとうを伝えてみよう。

ポチッ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 

乳腺外科の術前検査。

私は乳腺の手術をした病院とは別の病院で再建手術をします。

なので、前回の定期検診の時に主治医が手術前に診ておこうと言ってくれたので、乳腺の病院でも術前の検査をしてきました。

 

待ち時間がなくて済むように、朝一の診察にしてくれた主治医。

あーん、そういうところが大好きだよー、主治医!

クネクネ♡

注)主治医は女性です。

 

エコー検査をしてもらうため、上半身の服を脱いで横になって待つ。

しばらくすると主治医が入ってくる。

主  「いよいよだねー!」

は  「そうなんですよー。あ、先生。先に言っておきますー。左のエキスパンダーが破損してます、たぶん。」

主  「えー!ほんと?!」

は  「はい。この間、形成の病院でお水を足してもらったから今は平気なんですけど。明らかに形が凸凹になり、凹んでいたので、破損しちゃったみたいです。つい先日、お水も200ccくらい足したし。」

主  「えー!とりあえずエコーで見てみるね。」

は  「あ、でも。この間お水を足してもらったから、パっと見はもう分からないかも。」

主  「穴が空いてるかどうかまでは分からないんだけど、確かに左側は皮膚とエキスパンダーの間に水が入ってますねー。ココらへんかなー。」

は  「エキスパンダーって、そんなにすぐ破損したりするもんなんですか?」

主  「いやー、まずないですね。昔は破損することあったけど、今のものは、まずないです。コスタリカで作ってるんですけど、何度も何度も引っ張ったりテンションかけてテストしていて、すごく丈夫なんです。エキスパンダー挿入した状態でマンモグラフィーやっても破損しないので。」

は  「へー。」

主  「なんか心当たりあります?」

は  「いや、あんまないです。でも、どうせただの生理食塩水だから漏れても害はないかなって思って。もうすぐ手術だし。」

主  「まあ、確かに害にはならないから大丈夫。皮膚にテンションがかかっていることが重要なので。とりあえず、問題なし!次はまた4ヶ月後にしましょうか。」

は  「ありがとうございます!」

 

ということで、私の4ヶ月ごとの検診も何事もなく終了!

手術に向けて、着々と準備が進んでおります。

 

ちなみに。

ってか、私の特技って「ちなみんぐ」と書きたいくらい、すぐ「ちなみに」な質問するんですが。

今日もちなみんぐしてきました。

 

は  「私の友達で、エキスパンダーを挿入中も痛みがずっと続き、インプラントに入れ替えてから3年も経つのに、まだ痛みがあるらしいんですが、病院ではロキソニンしか処方してくれないらしいんです。そういう場合に受診してみるといい病院ってあります?」

主  「痛いのは辛いよね。あまりにも痛みがひどい時は、ペインクリニックを受診することをおススメします。うちの病院は緩和ケアにペインクリニックの先生がいるけど、他の病院だと麻酔科にいたりもしますね。今、通っている病院で確認してみるといいかも。あとは、東大病院とかもおススメしてたりしますね。」

は  「そうなんですね、ありがとうございます!伝えておきます!じゃあ、4ヶ月後は素敵パイオツができてるはずなので、楽しみにしててねー!」

 

このお友達は、主治医とのコミュニケーションがあまり上手くいっていないようでした。

乳がんは長く付き合っていかなくてはいけない病気です。

主治医との関係が良好だと、安心して治療も続けられると思うんだけどなー。

そんな時は、セカンドオピニオンを取るのも良いと思いますし、今回のようにお友達経由でいろいろな情報を集めるのも良いと思います。

同病のことを気兼ねなく話ができる友達って、本当に重要だなって思った出来事でした。

悶々と一人で考えてるより、ぜひぜひ患者会などに足を運んで、同病のお友達を作ってみてください。最初に踏み出すその一歩の勇気より、100倍の勇気を持って帰ってこれること、間違いなしです。

 

ってなわけで、術前検査は全て滞りなく終わりました。

しかし、我が人生振り返ってみると、壊れないはずのものがいろいろ壊れてきた。

特にパソコン。

会社貸与のPCをよく壊したなー。

自分のパソコンはなぜか壊さない、壊れない。(笑)

しかも、壊れた原因が分からず、復旧できないという事態に何度も陥り、情報システム部のおじさんと仲良しに。

新卒で入った会社の情シスのおじさん、未だに仲良しです。(笑)

 

 

 

情シスのおじさんからは、

デストロイヤーとか、クラッシャーと呼ばれていた。

ポチッ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 

病棟の看護師さんとのお話。

入院前に、病棟の看護師さんとお話する機会をいただきました。

以前、私と同じ術式で手術された方のカルテを見ながら話をし、入院中のスケジュールなどなど、教えてもらいました。

 

看  「なんか、結構大変な手術だったっぽいですね…。」

は  「え、マジですか。どんなところがですか?」

看  「8:30に手術室に入り、病室に戻ってきたのは翌日の2:00AMだったみたいです。」

は  「えー!2:00?!先生、13時間って言ってたから22:00には終わると思ってるんですけど。家族って、ずっといないとダメなんですかね?」

看  「そうですねー。穿通枝で手術する場合は、基本的にはずっといて頂きたいんですよね。もちろん、お昼で少し外すとかは大丈夫ですよ。」

は  「いやいやいやいやいやいやいやいや。」

 

さて、何回「いや」って言いましたでしょう?(笑)

 

は  「うちにはシチサンのカワイコちゃん(猫)が家にいましてね。22時までだったらなんとかお留守番できると思うんですが、2時とまでお留守番できないかもですわ。下手すると始発で帰る感じですよね?ホント、おちおち麻酔にかかってられないです。ちょっとどころじゃなく、数時間抜けてもいいですかね?ご飯あげて、トイレ片付けたりしたらすぐ戻ってもらうんで。」

看  「あー。うーん。(顔が引きつる)」

は  「絶対ダメですかね?」

看  「手術前日にカンファレンスがあるので、そこで何時間くらいかかるか聞いてみます。あと、途中で抜けたいということも伝えてみます。」

は  「そこのとこ、なんとかお願いします。先生は13時間で終わらせると鼻息荒くしてましたので、そこをなんとか!心配すぎて麻酔かからないかもしれない!」

看  「あはは…。(顔が引きつる、2回目)」

 

看  「じゃあ、次に入院スケジュールです。2日間はベッドを45度までしか上げられません。ご飯は俵形のおにぎりなどにしますが、食事の介助まではできないので、スプーンやフォークを持ってきていただくといいかもしれません。あとは、ペットボトルに挿すストローとかも便利です。」

は  「はい、分かりましたー。(ウン◯コプロブレムがあるから、食べる気ないけどね!)」

看  「あー…。」

は  「なに、なに?」

看  「この方(過去に同じ手術した方)、結構大変そうですねー。痛かったみたい。」

は  「え、ちょっと。そのネガティブな小出しな情報いらん。(笑)」

看  「あはは」

は  「ちなみに、術後何日目で立ち上がりました?ベッドの安静は48時間だけで大丈夫でした?」

看  「そうですね、この方は術後3日目で立ち上がったようです。」

は  「じゃあ、それ目指します!」

看  「入院時に必要な書類はお持ちですか?今記入できるものはしちゃってください。」

 

何枚か渡された書類の中の一つに「手術に対して、何か要求や要望はありますか?」という質問があり、思わず「早く終わってもらいたい」と書いてしまった。

本当は、キレイなパイオツとか書くんだと思うのですが。

ってか、それは当たり前じゃん!って思うので。

とにかく、早く終わってほしい!

ただ、ただ、それだけです。

 

書類を記入した後は、実際に入院する病室を見せてもらい、45度がどれくらいかを体験。

看  「ベッド上げますねー。これが45度です。」

は  「はいー。あれ?これ45度?思ったより上がってるー。全然大丈夫じゃないですかー!」

看  「はい、皆さんそう言われるんですよ。思ってたより身体起こせるって。」

は 「なんか頑張れる気がしてきた。では、来週よろしくお願いしますー!」

 

ワタクシ、何を隠そうジベタリアンでして。

家にテーブルと椅子がないんです。

ソファとローテーブルみたいなのはあるけど。

なので、PCやる時とかは床に座ったり、寝転がった状態でやります。

ジベタリアンな生活でなんとか48時間を乗り切れる気がする!

頑張るぞ!おー!

 

48時間が過ぎればウ◯ンコプロブレムも解決される。

とにかく、48時間を頑張るぞー。

 

 

 

 

48時間って。

ジャック・バウアー越えだね。

ポチッ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村