乳がんファイターDiary / Diary of Breast Cancer Fighter

独身、一人暮らし。働きながら遺伝性の乳がんと闘います。

乳がんファイターDiary / Diary of Breast Cancer Fighter in Japan

令和!!

ちょっとだけ宣伝な記事です。

嫌な方はスキップしてくださいね。

 

レンホウなお友だちから、昨夜Lineでメッセージが届く。

レンホウ友だちのお友達がお酒をつくり、そのお酒のラベルをデザインされた方が乳がんの闘病中なのだそうです。そんな乳がん闘病中の彼女への応援の意味も含め、売上の一部は日本対がん協会へ寄付されるのだとか。

女性中心の日本酒販促会社(サケ・ラバーズ株式会社/東京)、自社ブランド日本酒「令和酒(Reiwashu)」の発売を決定!|サケ・ラバーズ株式会社のプレスリリース

 

日本酒のスパークリング!

なんだか、美味しそうじゃないですか!!

元号が変わるタイミングでいかがですかー?

GWをゴロゴロと家で過ごす方も、飲んだくれてみるとかどうですかー?(笑)

オンラインでも予約販売をしているようです。

令和酒

 

頑張っている乳がん仲間の応援!!

私も買おうっと。

 

友だちの友だちは、みんな友だちだ!

世界に広げよう、友だちの輪!!

輪っ!! 

 

 全然関係ない話なんですけど。

コレ、笑っていいともで、芸能人が芸能人のお友だちを紹介する時に言ってたセリフですよね。

このセリフをタモリさんが言っていたその昔。

私も東京の空のように汚れ切った心ではなく、何にも染まっていない真っ白なキャンバスのように、それはそれはピュアで無垢な子供だったのです。

芸能人の方がお友だちに電話しているのを見て、いつか自分の友だちが呼ばれて、その子が私に電話をしてきたら、TVに出なきゃいけなくなる!!とドキドキしておりました。(笑)

いつの間にかオトナの階段をのぼっており、芸能人だけしか呼ばれないということに気づいたんだとさ。

 

 

タモさん、呼んでよぉ~。

ポチっ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 

【開催報告】4/13(土)紡ぎ&次回募集

4/13(土)の紡ぎは、9名の方にご参加いただきました!

ありがとうございます。

 

シェアタイムの中で、抗がん剤治療による副作用のお話をしました。

副作用のうちの一つ、血管痛の話になったのですが。

私も経験しました、マジで痛かった!!

私の場合は利き腕だったもので、何かをしようとする度にピキーン!と筋が張ったような痛みが走り、地味に辛かった副作用です。

主治医に相談してみたところ「どうしようもないねぇ~。。。」と、なんとも心のよりどころもないような回答しかもらえず、落ち込んだものです。

そんな時、乳がんパイセンが「私の場合、保湿をしたら治ったよ!試してみて!!」というアドバイスをいただき、その日からひたすら保湿。

気付けば痛みはどこかへ飛んでいってしまい、今まで通りの生活が送れるようになりました。

 

主治医に言ってはみたものの、イマイチな回答しかもらえなかったとき。

経験者の人と話すと、解決策が見つかることがあるかもしれません。

あと、私は看護師さんからもいろいろなアドバイスをいただいていました。

主治医に話にくかったり、主治医からの話でちょっと分からないことがあった場合は、看護師さんに聞いてみるのもいいかもしれません。

 

何か悩んでいることや、分からないことがあった時。

一人で考え込むよりも、誰かと話してみると解決の糸口が見つかる可能性があります。

紡ぎのような場所で、少し先を歩く乳がんパイセンと話してみるのもいいかもしれないですよ!

 

5/11(土)紡ぎのお申し込みはホームページよりお願いします。

紡ぎ ~Hope for Ribbon~

 

紡ぎでは、再建に関するご相談もよくいただきます。

再建に特化した患者会に参加すると、いろいろなお話が聞けるかもしれませんよ。

2019年4月・5月 乳房再建サロン開催日 | 乳房再建サロンの常連ブログ

 

乳がんの最新医療について学びたいという方は、先端チーム医療の現場や、世界中の病院からモデルケースとして注目をされている緩和ケア病院の視察など、個人や旅行会社のツアーでは知ることができないニューヨークの最新医療施設の視察ができるツアーが企画されています。

こちらは、私が去年ニューヨークへ出張した際に訪れた、Shareの愛子さんが企画されているツアーです。

■ニューヨーク視察ツアー

https://www.cancernet.jp/wordpress/wp-content/uploads/2019/03/ny_low.pdf

■Share

SHARE日本語公式サイト

 

 

やっと春らしい季節になりましたね!

ポチっ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 

乳がん患者の転職活動、その②。

そんな発表があったものだから、仕事がなくなることを覚悟していた私。

とにかく、自分がクビになる可能性や、どういう会社に転職したいかということを考えながら、日々を過ごしていた。というのも、発表されたのは組織図だけで、2名のうちどちらが残るかは分かっていなかったから。

 

すると、組織変更の発表から数週間後、上司と面談をした際に業務の一部が残るため、チーム2名のいずれも会社をクビになることはないとのこと。

数週間経ってから教えてくれるって、何んなんだ。

まじ、緊迫感溢れた数週間を返してくれ。

究極のツンデレ?(笑)

まあ、会社側もそれだけ混乱していたということだとは思います。

 

ただ、新組織になると業務内容が変わってしまう。

新しい業務内容は全く魅力がない。

自分のキャリアのプラスになると思えなく、今後のキャリアパスを描くことが全くできなかった。

他のポジションにチャレンジすることもできるけれど、どのポジションも魅力を感じない。

海外のポジションを受けるという選択肢もあると言われたけれど、自分の通院やカワイコちゃん(ネコs)のことを考えると、今は海外で働きたいとは思えない。

 

となると、やっぱり外に目を向けるしかない。

 

そんな時、日系の会社を1社ご紹介いただく。

さらに、外資系の会社の人事の方からも直接お声がけをいただいた。

この2社のメリットは正反対。

 

日系の会社。

たぶん安定した環境で、定年まで働ける。

何より、日本が本社。

自分で企画したモノを海外へ発信するというのは、絶対に楽しい仕事。

ただ、私が次のスキルセットとしてきちんと身に付けたいと思っていた経験とはちょっと違っていた。

 

もう1社は、外資系企業。

ココに行ったら、外資系という会社の性質上、またポジション消失などの可能性はある。

成果重視なので、とにかく結果を出し続けなくてはいけない。

とはいうものの、私が次のキャリアで得たいと思っていた経験やスキルを提供してくれる。

ポジションも給料も上がる。

 

うーん。

悩みますねー。

治療の真っ只中なら、間違いなく安パイな日系の会社を迷わず選んだでしょう。

なんてったって、もともとがファイター気質。

病気が治り、無治療になった今、外資でまだまだ働く自信もある。

 

 

で。

結果。

どこを選んだか気になりますか?

 

 

 

気になりますか?

 

 

知りたいですか?

 

 

 

日系の会社です。(笑)

でも、安パイだから選んだのではありません。

 

日系の会社には外資の会社にないメリットがあります。

私が思う一番のメリットは、本社組織にいる自分たちで意思決定ができるということ。

対して、外資は本社機能が外国にあるため、基本的な戦略や意思決定は本国で行われます。それ以外の国は、基本的には本社に従うのみです。(何も意思決定ができないワケではないですよ。)

外資、日系、いずれの企業でも働いたことはありますが、私は圧倒的に日系企業での仕事の方が楽しさを感じてました。

病気になったからこそ、楽しいと思える仕事をしたいと思ったのです。

外資でお給料とポジション上がって、ゴリゴリ働くより、日々の仕事に楽しさを感じながら働きたい。そう思ったんです。

外資なら、行きたいと思った時に、またいつでも行けそうだし。

 

でもね、内定をいただいた時にひとつだけドキドキすることがありました。

コレ、ほぼ1年前の話なんですけどね。

私、5月末に再建手術を予定していたのですが、先方からの強い要望で5月に入社してもらいたいと言われてしまったのです。

 

うーん、うーん、うーん。

再建手術のことを言うべきかどうか。

伝えるなら、どうやって伝えるのか。

 

悩むよねー。

 

手術するとか言ったら、健康に不安のある人って思われて、採用しないとか言われちゃったりしないだろうか。

ホントに悩みました。

 

いっぱい悩んだけど、きちんと伝えることにしました。

それでダメだったら、ご縁がなかったということ。

しょうがない。

また外資でゴリゴリ働けばいいや。

 

そして、人事の方に直接メールをしましたよ。

婦人科系の手術で開腹手術をするため(ちょっと違うけど)、1週間の入院+2週間の自宅療養が必要であり、5月入社であれば入院期間中の1週間はお休みがいただきたいこと。また、2週間は在宅勤務をさせていただきたいと。

 

ドキドキしながら先方のお返事を待っていた。

ダメって言われたらどうしよう、って。

 

そしたら、なんと、なんと、なんと!!!

言いにくいことを言ってくれてありがとうというお言葉と一緒に、同じ部署になる方からは「自身の経験より、術後は大事に過ごしてください」という優しいお言葉までいただきました。

さらには、入院で有給休暇の半分を使ってしまうのは、何かあった時に不安が残るので、体調が万全になってからの6月中旬入社で良いというお返事をいただくことができました!

 

無事、再建手術退院+自宅療養2週間後から、新しい職場で働き始めたのでありました。

約1年前の話。(笑)

 

転職活動を本格的に始めるとき、がんになってしまったことに対して、勝手に身構えてました。

今まで通りに働けないんじゃないか。

面接官にもネガティブな印象を与えるんじゃないか。

今になって考えると、がんを言い訳にして、少し逃げていただけのように思います。

がんは私の人生においては、ただの通過点でしかありません。

がん一色の人生を歩むつもりはありません。

がんになって、「死ぬかも」って思ったからこそ、嫌なことはやりたくない。

仕事においても、自分のやりたいことをきちんと目指して、楽しみたい。

そう考えられるようになって、良かった。

 

なので、もしもこれから転職活動や就職活動を考えている方がいらっしゃったら、前向きに考えてください。

がんになったからといって、ご自身の何かが変わった訳じゃないんだから。

価値観や人生観は変わったとしても、人生まで変える必要なんてない。

 

面白きこともなき世を面白く すみなすものは心なりけり。

私の大好きな高杉晋作の辞世の句であり、大好きな言葉でもあります。

病気になったら、ますます響きます。

 

現代風に言い換えると、

「面白いと思えることのない世の中を面白く。それを決めるのは、自分の心持ち次第である!」

どんな環境や境遇だったとしても、面白いって判断するのは自分の心だってことを言ってるんですよね、たぶん。せっかく生きているんだから、「面白くない」を「面白い!」に変えちゃえばいい。それが出来るのは自分だけ。

 

さて、これから私にはどんな面白い人生が待ってるんでしょう?

面白くするのも、できるのも、私だけ。

 

オラ、ワクワクすっぞ!

悟空かっ!

ぽちっ!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 

【紡ぎ】3/16(土) 開催報告 & 4/13(土) 募集

お天気が心配だった土曜日。

天気予報では雨マークがついていましたが、会場へ行き来する時間帯は雨も降らずに良かった!雨っていうだけで外に出たくなくなりますもんね。

 

3/16(土)に開催した紡ぎには、11名の方にご参加いただきました。

初めて参加いただいた方が多かったものの、過去に参加いただいた方も数名いらっしゃいました。初めて参加された方にとって、少し前を歩く先輩の話はきっとためになり、勇気づけられたのではないかと思います。

 

私たち紡ぎは、セルフヘルプグループを目指しています。

セルフヘルプグループとは、同じ悩みや問題を抱える仲間同士が互いを支え合う場です。気持ちを分かち合うことによって、自分自身がまた、一歩踏み出すための勇気をもらえる場だと信じています。

何度かご参加いただいている参加者さんが、これから治療する方に向けて言葉をかけ、お互いを支え合うような姿を目にすると、当初目指していた場に少しずつ近づくことができているのではないかと思っています。

私も最初の乳がん友だちは、ネットを通じて出会った方でした。ネットでの交流も気軽にできていいものですが、実際に会って話すとまた少し違った気持ちが生まれました。

もしも今、一人で悩んでいるのであれば、同じ気持ちを分かち合える安心感や勇気をぜひ、紡ぎに参加して体験していただきたいと思います。

 

お申込みは紡ぎのホームページより、お願いします。

紡ぎ ~Hope for Ribbon~

 

紡ぎのシェアタイムによく出る話題の一つは再建についてです。

再建について悩まれてる方は、再建に特化した患者会に参加してみるのも良いと思います。

乳房再建サロンの常連ブログ

 

 

ちなみに、今月は私の誕生月ということで、紡ぎ終了後にスタッフりなと食事へ。

りなちゃん、ありがとう!

ということで、ワタクシ、またまたレベルアップしました。

XP、HPはまだまだレベルアップしまーす!!

CPも時には必要か?

 

がんになったからこそ、時間は有限であるということがよく分かった。

無駄な時間を過ごすことなく、楽しく毎日を過ごしたい。

今年も元気に、楽しく1年過ごせますように。

 

 

絶賛レベルアップ中! 

ぽちっ!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 

乳がん患者の転職活動、その①。

実は、病気になる前から転職について、ちょっと考えていた。

いつもではないんだけど、夜中の2時、3時まで働かなくてはいけないことがあり、いつまでもこういう働き方はしたくないなーって。

もちろん、他にも思うところは多々あって。

 

さて、転職活動でも始めるか、と思った矢先に乳がん

ちょっと、ちょっとー!

聞いてないよ!

私の人生、どうしてくれるんだよ!

 

がん治療となると、きっと抗がん剤だの手術だので休みが必要になる。

自分的には、転職したら3か月で何かしらの結果を出すことを目標にしている。

転職直後になんの結果も出せてないような人が頻繁に休むとか、マジないわ。

ということで、治療が一段落するまでは転職活動をお休みすることに。

 

今思い返すと本当に大変だったな、抗がん剤治療中。

病気に対してとても理解のある上司が会社を辞めてしまったり。

FEC中にチームメンバーが一人辞めてしまったり。

さらに、その辞めたメンバーの仕事をカバーし、一番ツライ時に2.5人分くらいの仕事をしていた。

OMG!!!

ブラックすぎる!

全部が終わったら転職したいぜ…。

そんな思いを抱きながら、抗がん剤治療を続けていた。

 

FECも終わり、手術も終わったころ、ゆるーく転職活動を再開。

でもね、まだハーセプチン中だったんです。

なので、3週間に1度お休みをもらわなきゃいけない。

この時に数社面接していたのですが、定期的な休みが必要なことは、受かってから言えばいいのか、どのタイミングがいいのか、なんて悩んでいた。

しかしながら、ハーセプチン中に受けていた会社はどうもカルチャーフィットしないと判断し、お断り。

 

そんな感じでウダウダと過ごしていたらハーセプチンが終わり、無治療になった私。

これからは転職活動をするに当たり、気にしなくてはいけないことがなくなった!

引き続き自分の描くキャリアプランに合うような会社を探すんだ!

と思った矢先に急遽、再建手術が決まる。

 

乳がんになってから、 矢先な出来事、多すぎ!!

 

さて、どうしましょう。

転職活動をするのであれば、再建手術&入院の日程調整が必要になる。

手術が終わってからの方がいいのか。

うーん、どうしよう。

どうやって調整したらいいのか。

どこも受かってもいないのに、早くも入院のスケジュール調整が気になる。(笑)

 

さらに、がんになると、いろいろ価値観や人生観って変わりますよね。

がんになる前と後とでは、仕事に対する考えも変わった。

 

 

変わった。

 

変わった…?

 

いや、変わった気がしてるだけだった。(笑)

 

ハーセプチンが終ってから、完全に社会復帰をした訳ですが。

完全に社会復帰したら、マインドセットも完全に元に戻った。(笑)

価値観や人生観は確かにがんになって変わったけど、人生そのものや、やりたい仕事の内容まで変える必要はない。

がんなんて関係なくね?

できないと思ったこと、ただの思い込みだったり、やりたくなかっただけじゃん。

 

よし!

考え方までがんにやられちゃ、いけないよね。

改めてキャリアプランをちゃんと考えるぞ!

ライフプランとキャリアプランに沿った転職先を探すんだ!!!

 

 

と思った矢先。

 

またまた矢先んぐですよ!

 

 

会社にて、ポジション消失!!

 

ある日、組織変更の発表がされたのですが。

2名体制でやっていた私のチーム。

発表された組織図には1つしかハコがない。

外資系の会社では、よくあることなのです。)

 

 

ヤバーイ!!!

マジで、ヤバい!!!

仕事がなくなる!

キャリアプランにあった仕事を!!!

なんて、悠長なことを言ってられないじゃん。

これから再建手術も予定していて、お金は絶対必要。

猫sにご飯食べさせなきゃいかん!!

あああ、家賃が払えなくなる!!!

 

 

わーーーーーー!!!

今、すぐ、なう!

転職活動を始めなくては!!!

 

 

さて、どうなるはるにゃんこ?!

はるにゃんこの運命やいかに?!

その②へ続く。

 

 

引っ張るよー。

ぽちっ!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 

婚活パーティーへ行く、の巻。

今回は乳がんと全く関係のない記事なので、興味のない方は飛ばしてください!

去年、乳がん友だちと行った婚活パーティーが楽しかったので、そのことについて。

 

病気になった時、いろいろなブログを読み漁ったという方、少なくないと思います。

同じ病気タイプだったり、同じ治療タイプだったり。

もしくは、自分と似た生活スタイルの方のブログを探してみたり。

だからだと思うのだけど、私のブログには、同じ病気・治療タイプの方や、独身というキーワードで来てくださる方も少なくない。

前に開催したブログ繋がりのお友だち、通称「レンホウ会」。

そんなわけで、妙齢の独身女子が多いです。

私の思いつきではありますが、お食事会などをはじめ、場当たり的に、そして継続的にゆるーく活動しております。

 

そんなレンホウ会のLINEグループにある時、Iちゃんが「婚活パーティーへ行かない?」と。話を聞いてみると、Iちゃんのお友だちが初めて主催することになったらしく、女性がなかなか集まらないらしい。

当日はIちゃんも行くからとのことで、快諾。

そして、他の独身レンホウsに声をかけてみたところ、4名が参加表明。

参加者のうち何名かは婚活パーティー参加経験があるものの、私含めて初参加という人が大多数。

そんなワケで、婚活ファッションや婚活メイクなど、男性ウケが良いもの・悪いものなどについて、婚活パーティーlineグループでキャッキャッ盛り上がる私たち。

そんな時、同世代の方が書いている婚活レポートを発見。

なんとなく私(たち)と似ているプロフィール。

そのレポートによると、どうやら私(たち)は、婚活市場においては、市場価値がゼロどころかマイナスらしい。

なんですと!

そりゃ確かに妊娠とかは厳しい年齢ではあるけれど。

胸に勲章もあるけれど。

だったとしても、マイナスとか!

またまた。

ちょっと大袈裟でないかい?なーんて思いながら、当日まで婚活の話題で盛り上がる私たち。

 

ちなみに婚活ファッションとは、ピンクとか白とかの優しい色合いで、フワッとした感じがいいらしい。

ブランドものと分かるようなバッグとかも、金がかかる女と思われる可能性があるので、基本はNGなんだとか。

そして婚活メイクは、上品でナチュラルな感じがいいんだって。

持っている洋服は黒が多い上に、色がついてるものは赤とかショッキングピンクとか派手な色のものしかない。

メイクも抗がん剤でまつげがツルっと抜けてからは、ガッツリとアイライナーを入れた濃いめのメイクが定番に。

えーと。

何もかもが当てはまりません。(笑)

 

ちなみに、恋愛においての面白い記事を美容院の雑誌で読んだ。

どうやら基本、日本は村社会なので、目立たず、事なかれ主義でいた方が生存率が高いということが、日本人の遺伝子には刷り込まれてるらしい。

この記事を読んで、私なりに解釈したこと。

目立たないことを良しとしているということは、やっぱりとんがったカッコが好きな女子はNG。

もはや遺伝子レベルで、男子が思い描く女子像に近い女子の方が好まれるということが分かっているのだ!(たぶん、ですよ。笑)

 

遺伝子の話なんかも織り交ぜながら、婚活な話題で盛り上がること、約1か月。

準備期間は十分あった。

そして迎えた当日。

駅の改札で待ち合わせをしたレンホウs。

 

もうね。

待ち合わせ場所へ向かうまでのLineが面白いのなんの。

Lちゃんったら、私くらいやる気なさそうなLineが来る。

ハンカチの代わりにさんまの手ぬぐい持ってきたとか。

ネタとして仕込んでるでしょ?(笑)

f:id:halnyan:20181203084925j:plain

ネックレスしてきたけど、カモノハシのペンダントヘッドだとか。

カモノハシのネックレスってどこで売ってるんだ?(笑)

 

でもですよ。

待ち合わせの改札に着いてみたら。

あらー!みんな準備していないって言ってた割にはちゃんとしてるし!

さんま手ぬぐいのLちゃんも、かわゆいワンピース着て、きれいにお化粧してた。

Kちゃんに至っては、THE婚活ファッション!

Kちゃんは絶対「試験勉強してない」って言っても、してるタイプだな。(笑)

ちなみに、私は試験勉強をしていないと言ったら、のび太なみに潔くしていないタイプです。(笑)

Fちゃんはいつもピンクでフリフリしてるから問題なし。

 

やべ。私だけじゃん。婚活らしからぬカッコしてるの。(笑)

でもですよ。

女子には、とても評判の良い服装でしたよ。

男性ウケが悪い、某ブランドのスカートとか。

某ブランドロゴが入ったバッグとか。

(たぶん気づかないと思いますけどね)

 

婚活パーティーの場でも、婚活レポートに書いてあった「やってはいけないこと」をやりまくり。

ちなみに、やってはいけないこととは、場を仕切ることだそうです。

いや、だってですよ?

限られた時間しか話ができないっていうのに、モジモジしてる男子と女子(知らない子)が同じテーブルに座ってるんですよ。

現場を仕切ってなんぼの仕事している私としては、仕切るでしょ?

話してない人がいたら、話できるようにネタをフリまくりですよ。

でも、場を仕切りまくる女って、男性からしたら恐怖でしかないそうです。(笑)

 

結果的に誰もカップルになることはなかったケド、学びと笑いの多い婚活パーティーでした。

というか、婚活パーティー後の反省会が、とっても面白かったよー!

 

以下、私の反省点。

まず、せっかくの出会いの場でチャンスを逃すような服装をするな!

チャンスを逃すようなアクションを取るな!

そして、本気で出会いたいなら、学びを活かせ!

 

分かってるけど、きっとこれからもできない。

とりあえず、婚活パーティーの後、さんま手拭いのLちゃんと味噌汁の冷めない距離に住もうと誓い合いました。(笑)

 

でもね、レンホウsにいる子たち。

本当にいい子ばっかりなんです。

みんなにステキなパートナーが見つかりますように!

 

40代、独身、バツナシ。

そんな私の婚活市場での価値は、ゼロどころかマイナス(らしいです)。

むしろ恐怖。

さらに最近の私と言えば。

婚活パーティーの教えに思いっきり背き、いや、ピンクについては教え通りかも。

毛先をピンクに染めてみました。(笑)

f:id:halnyan:20190227083718j:plain

 

さらに、我慢しきれなくなってSwitchを購入し、ゲームに明け暮れております。(笑)

 

あかーん!!

 

 

 

レンホウsに幸あれ!

ポチッ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 

【紡ぎ】2/16(土)開催報告&次回募集

1月に引き続き、2月の紡ぎシェアルーム開催日も寒い日でした。

とても寒い日にもかかわらず、8名もの方にご参加いただきました。

ありがとうございます!

 

ほぼ同じタイミングで治療している方とのお話や、少し前を歩いている先輩(スタッフである私たち)との話で、少しでも心のモヤモヤがなくなったのであれば嬉しく思います。

 

お話したいなと思ったら、ぜひまたご参加くださいね。

 

さて、また関係ないかもしれないけど、少しだけ関係ある話を書きます。(笑)

ポケモンのアニメXYシリーズが見終わった瞬間、AGシリーズを見始めるという、ポケモン大好きオトナな私。

見て思い出した!

そうだった!AGシリーズのエンディング曲は、がんになってから治療を頑張っていた自分への言葉のように思い、とても勇気付けられた曲だった!

あまりにもいい歌詞で、今でも曲を聴くと涙してしまうことがあるので、前にブログで書いたことがあるのですが、好きすぎるのでまた書いちゃいます。(笑)

 

頑張ることに 疲れたときには

空を見上げて 涙を流そう

傷つかぬものに 青空は見えない

迷い歩むたび 生命は輝く

 

 

そう。頑張ることに疲れてしまう時ってあるんです。

応援してくれる家族や友達はいっぱいいるけど、今はちょっと頑張りたくないと思ってしまう時もあるのです。

そんな時は、いったん立ち止まったって、泣いたっていいんだ。

まだまだ私の未来は続くんだ、と思えた曲でした。

 

そして治療がひと段落した今、また聴いてみたら紡ぎを始めた自分やブログを書いている自分の気持ちに少しだけオーバーラップ。

 

どんな笑顔で 包んであげたら

君の悲しみ 癒せるだろう

見つめてごらん 向かい風の向こうに

描き続けてる 未来が待ってる

 

決して楽な治療ではなかったけれど、泣いたり頑張った自分がいて、だから今私は笑顔でいられる。

がんと診断されてすぐは、心が不安定になってしまって当然だと思うのですが、同じような治療を頑張った私たちスタッフが今笑顔でいることが、少しでも励みになればいいな、と思っています。

 

ポケモン、ありがとう!

元気と勇気をくれてありがとう!

ポケモン、好きすぎるぜ!

ちなみに、こんなにいい歌詞の歌は「そこに空があるから」という曲です。

Youtubeなどで聴いてみてください。

 

 

次回の紡ぎは3/16(土)に実施します。

乳がんと診断されて間もない方と治療中の方であればどなたでも参加できます。

昨年までは、診断を受けてから1年未満の方のみを対象にしておりましたが、今年から治療中の方であればどなたでも参加できるシェアルームを設けました。

だって、1年経とうが何年経とうが、心配や不安な気持ちって突然生まれてくるから。

 

以前のブログで書いた記事なのですが、がんの心理的受容過程については、キュブラー・ロス博士の「死の受容五段階」で説明されることがあるようです。

ってか、がんでそんな簡単に死なないから、名前変えて!

放っておいてほしい時もある。 - 乳がんファイターDiary / Diary of Breast Cancer Fighter

それによると、不安な気持ちになったり、落ち込んだりを一定期間繰り返した後に、適応段階に入るという。

でもね、がんって慢性疾患なワケだから、例え手術が終わろうが治療がひと段落していようが、病気のことを思い出して不安定な気持ちになってしまうことはあるのです。

一人で悲しんだり、辛い気持ちを抱えているより、その気持ちを共有すると、少しだけ気持ちが楽になるかもしれません。

最初の一歩は勇気がいるかもしれませんが、参加後は前に進もうという勇気をもらって帰れるかもしれません。これは、自分自身の経験から思えることです。

 

3月のスタッフは、りなと私が担当させていただきます。

お待ちしております! 

お申し込みは、紡ぎのホームページよりお願いいたします。

紡ぎ ~Hope for Ribbon~

 

また、紡ぎでもよく再建についてのお悩みは聞きます。

再建のお話に特化した、再建サロンなどに行かれると、参考になるお話が聞けると思います。私も実際に、いくつかの再建サロンやオフ会に参加し、自分の術式を決めました。

2月の再建サロン開催日は、みやびちゃんのブログでご確認ください。

2/23開催 乳房再建サロン参加の経験者プロフィール | 乳房再建サロンの常連ブログ

 

 

 

ユウキリンリン ゲンキハツラツ!

ポチッ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村