乳がんファイターDiary

独身、一人暮らし。働きながら乳がんと闘います。

乳がんファイターDiary

今年の目標。

ボーっとしてる間に1月も半分過ぎました。

その、ボーっとしている間に、手術から1年記念日もありました。

友だちに言われるまで、完全に忘れてた!

こんな感じで、手術したことすら忘れ始めてる私だけど、今更ながらに今年の目標を立ててみる。

 

病気になってから出来なくなったことは、基本的にはないと思ってます。

でもね、どうしても治療や通院の時間を取らなくてはいけなかったり、抗がん剤真っ最中のときは副作用があったりで、制限されてしまってたと思うんですよね。

なので、治療がひと段落した今こそ、ちゃんと目標を持って取り組みたいなと。 

 

 

① やりたいことを決めて、ちゃんと実行する。

バックリしすぎな目標。(笑)

今までも十分、やりたいことばかりやってるんですけどね。

病気になってからは、当たり前だけど病気を治すことばかりに時間をかけていた。

今年は、自分磨き&自分が楽しむために時間をしっかり使いたいと思います。

仕事は、今後のキャリアプランをしっかり考えて取り組みたい。

病気になったからこそ、しっかりとライフプランを考えたい。

治療中は行けなかった海外旅行に行きたい。

仕事も生活も遊びも、楽しみながらやりたいと思ったことは全力で取り組みむ!

ちなみに、やりたくないことは無理してやらない。(笑)

 

② 大切な人と一緒にる時間を増やす。

自分も大切な人も、時間というものは限られています。

なので、できるだけ一緒にいる時間を増やしたいです。

別に刺激的なことなんてなくていい。

普通の毎日でいい、穏やかな時間を過ごす!

 

③ 歯医者に行く。

突然、現実的、且つ、すぐにできそうな目標です。(笑)

でも、歯医者さんに行くのって、私にとっては、とてもハードルが高いんです。

歯医者さんって、何度も行かないと治療が終わらないのが面倒で、面倒で。

詰め物が取れてしまったけど、不具合を感じなかったので放置してました。

今年こそ歯医者に行かなきゃなと思い、自宅周辺の歯医者さんを探そうと思っていた矢先、会社の友人が、「私が今行っている歯医者は、1回で終わらせてくれるんだよ!」と。

なにそれ!

そこ行く!紹介して!

ということで、今年はしっかり歯医者さんに行って、歯のメンテナンスをする!

 

年齢的に他にも体のガタがきてるところがあるかもしれないので、ちゃんと体のメンテナンスをしていきたいなーと思ってます。

 

サボりがちな会社の検診に行ったり。

 

って。

おい。

 

がんになったんだから、検診はちゃんと行こうぜ、自分!

 

会社の健診、2年連続でサボりました。

でも、今年は行きます。

ちなみに、サボったのは、抗がん剤治療中だったので、血液検査の結果が良い訳がないから。血液検査は病院で定期的にやってたから大丈夫かなと思っていた。

と、言い訳してみたり。

でも、肺とか大腸とかちゃんと診てもらった方がいいもんね。

なので、今年は行きます。

むしろ、自腹になるけど、人間ドックもやろうかなって思ってます。

 

今年は自分のことも、大切な人もいっぱい愛でます!

 

 

今年は自分のために時間をしっかり使うよ!

ポチっとね。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 

再建方法を決めるまでの道のり。

去年は出会いの場をサポートさせていただく機会が多かった。

その際、よく話題に出るのは2つ。

 

①再建について

②髪の毛について(育毛・発毛)

 

今回は、私が再建を決めるにあたっての道のりについて、書いてみます。

私は術前に抗がん剤を約7ヶ月間やっていたので、手術まで考える時間があった。

とは言うものの、告知されてから数ヶ月は抗がん剤始めたばかりだったり、ハゲ散らかってたりと、考える余裕なんて全くなかったけど。

再建の方法について考え始めたのは手術の3~4ヶ月くらい前だったかな。

 

そもそも再建方法は、インプラントか自家組織かの二択しかないと思ってて、どちらにしようか悩んでいたところ、あるオフ会でbravaという脂肪注入で再建する方法があるということを知る。

自分の脂肪で作るとしたら、てっきりお腹か背中の脂肪を切って持ってくるしかないと思ってたけど、そんな技術があったとは!

目からウロコ。

めっちゃええですやん!

でもね、まだ保険適用外なんです。

 

本当にどの再建方法も、メリット・デメリットってあるんです。

私なりに感じたことを書いてみます。

あくまでも、はるにゃんこ調べです。

 

インプラント

メリット

・手術の傷痕が小さい範囲で済む

・手術時間・入院期間が短い=体への負担が少ない

デメリット

・暖かさがない。体温を感じなく、異物が入ってる感じがする人もいるらしい。

・体形とともに変化しない。私の場合は、両側なので左右の形が変わってしまうということはなさそうだけど、入れ替えないとおばあちゃんになっても叶姉妹みたいにハリのあるおっぱいな可能性アリ。

・体勢を変えてもおっぱいの形が変わらない。下向いたら垂れない、とかそういう感じ?

 

【自家組織】

メリット

・やわらかくて、温かみがある。体温を感じる。

・体勢を変えてもちゃんと形が変わる。

・年齢とともに形が変わる。

デメリット

・組織を使った部分に大きな手術痕が残る

・手術時間・入院期間が長い=体への負担が大きい

 

【脂肪注入】

メリット

・大きな傷痕が残らない。

・日帰り手術が可能であるため、体への負担が少ない。

・やわらかくて、温かみがある。体温を感じる。

・体勢を変えてもちゃんと形が変わる。

・年齢とともに形が変わる。

デメリット

・現時点では、保険適用外であるため、費用がかかる。私は両側なんで、安いベンツを胸に乗っけて歩いてるくらいの費用がかかりそう!

・複数回に分けて脂肪を注入するため、完成までの期間がかかる。

・手法にもよるが、機器を装着して脂肪を定着させるようにする場合、長時間(約10時間)機器をつけていなくてはいけない。

・機器による肌のかぶれが生じることがある。

・機器そのものが高い。

・脂肪がちゃんと定着するかどうか、一定期間が経たないと分からない。

・定着するか分からないため、何回脂肪注入をすればいいのかを最初に決められない。=最終的に費用がいくらになるか分からない。

・まだ限られた病院でしか、施術を受けられない。

 

 

いやー、本当に悩むよね。

一長一短とは、まさにこのこと。

 

んでね、そんな時にお誘いいただいたのです。

実際に、再建したお胸を見せてくれたり、触らせてくれるような会もあるんだよ、って。

クリニックや病院で、きれいに仕上がったお胸の写真はいっぱい見せてもらったけど、実際に見せてもらえる場があるなんて!

 

さっきも書いたけど、キレイな写真はいっぱい見せてもらったんです。

でもね、逆に、キレイな写真しか見せられてないんです。

 

人間だし。

ちょっと疑うよね。

実は、あまり満足してない人もいるんじゃないの?なんて。

あと写真は2Dだから、実物との差があるかとか分からないし。

 

なので、実際に見せて頂いたり、触らせていただいたり。

いろいろな再建の方法や傷痕なども見せていただき、本当に参考になった。

ありがたい。

こんな場を設けていただけるなんて、感謝の気持ちしかありません。

あの時いろいろ教えていただいた乳がんパイセンたち、ありがとうございます。

ちなみに、乳がんパイセンたちの脱ぎっぷりのいいことにも驚きました。(笑)

 

これから再建を考えるみなさま。

再建って、いろいろ悩ましい点が多いと思いますが、せっかくこのような場を提供していただいている乳がんパイセンたちがたくさんいるので、実際に行ってお話を聞き、いろいろな再建方法を見てみるのもいいと思います。

治療も再建も、自分が納得するというのが一番重要なことだと思うので。

 

お友達のみやびちゃんが、再建に関するブログを始めました。

定期的に再建サロンが開催されていて、再建に関する悩みをお話しすることができます。

さらには、実際に再建したお胸を見せていただける時間もアリ。

開催日はみやびちゃんのブログに記載されてますので、こちらで確認してください。

再建サロン開催日のお知らせ 2018年1月・2月|乳房再建サロンの常連ブログ

 

こんな感じで、私は実際に再建したお胸を見せていただき、自家組織で再建することを決めたのでした。

って、脂肪注入保険適用という噂に気持ちが揺らいでるけどね!

 

再建を検討している方、一緒にステキなパイオツをゲットしようね!

 

 

お胸をゲットだぜ!ポチッ!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

みなさま、ステキな2018年を迎えてますでしょうか。

愛する人と、穏やかであったかい時間を過ごしていらっしゃることと思います。

 

初夢、見ましたか?

ところで、大晦日の日に見た夢って、別に今後のことに関係ないですよね?

大晦日の朝、何かに(誰かに)針で胸を刺してエキスパンダーの水を抜かれそうになったので、蹴り落とすという夢を見たら、掛け布団を蹴り落とし、寒さで目が覚めました。

初めて乳がん絡みの夢を見たんですが、何のお告げでもないですよね?

再建をするためにエキスパンダーを抜くということを、ハードボイルドな感じで教えてくれた予知夢ですかね?

蹴り飛ばしたけど、大丈夫?(笑)

去年のことだし。

OK、忘れよう!

  

 

ところで、お告げと言えば。

去年お友達にプレゼントした本「人生ニャンとかなる!」のページを飲み会の時にランダムに開き、今年の“教訓・お告げ”と勝手にしてみました。

 

私の今年の教訓。

 

ハングリーでいこう。

 

性格的には、他の人と比べても、比較的ハングリーな方だと思っていたんですけどね。

もっとハングリーでいけ、と神様からのお告げです。

 

承知した!

人生は一回ぽっきり。

時間は限りあるもの。

 

スティーブ・ジョブズさんも言ってましたね。

Stay Hungry, Stay Foolish.

 

今年もきっと、いろんなことがあると思います。

やり遂げられないことはないと言い聞かせ、今まで以上に、貪欲にいろんなことを追い求めたいと思います。

 

ちなみに、Foolishの部分は努力せずに、素でいける自信アリ。

  

カモン、2018年!

本年もどうぞよろしくお願いいたします!

  

  

紅白のX Japan、カッコ良かったね!!ポチッ!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 

ありがとう、2017年!

今年も、もうすぐ終わりです。

2017年は乳がんの治療を全て終えることができて、スッキリサッパリな1年でした。

まだ再建手術は残っているものの、乳がんとおさらばできたという意味では、本当に気分の良い年でした。

 

2018年は最後の大仕事、再建手術の予定。

脂肪注入が保険適用されるかも?なんて噂も聞くので、若干の迷いが生じてたりもします。手術まであと5ヶ月くらいあるので、その間にめいっぱい情報を集めたいな、と思っています。

 

 

2017年が間もなく終わろうとしている時、少し辛いことがありました。

自分が病気になった時に、時間は有限であるということをとても強く認識したはずなんだけど。

周りの愛する人の時間もまた、有限であるということをとても強く再認識。

大好きな人と過ごす時間は惜しまないようにしよう。

大好きで大切であるということを、ちゃんと伝えよう。

 

時間はプレゼントだと聞いたことがあります。

英語で「今」のことを、「present」と言います。

与えられるもの。

プレゼントです。

 

こんな言葉を見つけましたので、一部、抜粋します。

 

“あなたの一瞬一瞬を大切にしましょう。


そして、あなたはその時を大切な誰かと
過しているのなら、十分に大事にしましょう。
 
その人は、あなたの時間を使うのに
十分にふさわしい人でしょうから。
 
そして、時間は誰も待ってくれないと
言う事を覚えましょう。

 

昨日は、もう過ぎ去ってしまいました。
明日は、まだ分からないものです。
今日は、与えられるものです。
 
だから、英語では今を「present」と呼びます。”

 

 

神様からいただいた「時間」というプレゼント。

みんなが愛おしい人と、愛おしい時間を過ごせますように。

 

 

 

良いお年を!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 

12月なので、今年を振り返る。その②

いやー、密度の濃い上半期でしたね。

下半期について書き始めたら、もう上半期に書き忘れてることが!!(笑)

一昔前に流行った、MECE、モレなくダブりなくっていうマーケティング手法とか語っちゃうような人がいたら怒られちゃうよね。

ダブっちゃいなけど、モレまくりですから!

だからと言って、書き直すのも面倒なんで、下半期に書いてみます。

いってみよう!

 

7月

会社で脱ヅラして1ヶ月。

最後の抗がん剤から3~4ヶ月目くらいのタイミングで、既に週末は脱ヅラしていた私。超ウルトラスーパーベリーショートで楽しい週末を過ごしていたある日、会社の人に遭遇。

よって従い、強制的に会社でも脱ヅラをした6月。

いやー、思いっきりって重要ですよ。

1ヶ月経って、やっと社内で驚かれる割合が少なくなってきた。

たまに新人さんと間違われる。

 

8月

いろんなことがひと段落したので、5月くらいからダイエットを開始。

また上半期のことや!(笑)

結果が出始めた頃。

 

9月

ダイエットを始めて4ヶ月。

筋トレ、有酸素運動糖質制限をすることによって、8kgくらい落とす。

これは、抗がん剤前の体重に戻しただけね。

いやー、恐るべし抗がん剤ステロイド

めっちゃ太ったわ!

吐き気止めのステロイドによる食欲増進と、味覚障害により味の濃いモノ(=カロリーが高いもの)が美味しく感じ、そんなんばかり食べてたら、太る、太る!

4ヶ月でやっと、元の体重に戻る。

 

そして9月末には術後、初の海外出張も行ってきた。

スキャンタイプの金属探知機で、帰りにエキスパンダーの金具で鳴るも、特に何か聞かれるワケでもなく、準備していた書類を提出するでもなく、帰国。

出張を無事に終えて、仕事を本格復帰したように思えた9月。

 

10月

比較的のんびり過ごしているものの、仕事がやたらと忙しい。

ハーセプチンで休める日が楽しみすぎる。

もはや病人ではなく、ただの休みたい人。

3週間に1度の休みを取り上げないでほしい。

マ・ジ・で!

 

11月

やることがてんこ盛り。

仕事、めっちゃ忙しい。

プライベートも、いろいろあって、めっちゃ忙しい。

 

でも、でも、でも!

忙しさに忙殺される毎日を過ごしていたけれど、嬉しいことも2つ。

1つは、ずっと乳がん友だちと考えていた、おしゃべり会を実現したこと。

11/11というパチンコだったら確変で大当たりが出ちゃいそうなメデタイ日にちに、無事「紡ぎ」としての第一歩を歩む。

 

次に、「ももいろ一期一会」というネットの掲示板を通じて病気の情報交換をしたり、オフ会が企画される場所で、ビギナーズオフ会を幹事としてサポート。

 

さらには、ブログを通じてお友達になった人たちとのお食事会も実施。

 

いやー、どれも楽しかったね!

もしもそれぞれの会に参加することによって気持ちが楽になった、病気と前向きに向き合うことができた、と思ってもらうことができたのなら、とっても嬉しい!

 

 

12月

いや、マジで。

本当に仕事が忙しい。

せっかく生えた髪が抜け落ちそうです。

寝不足すぎて、たまに目が千葉真一

じゃなくて、目が血走ってます。

 

急がしさの合間を縫って、忘年会だのなんだので、飲み歩いてます。

食べ歩いてます。

結果、早くも体重がすぐに1kg増。

ジムも行けないし。

ヤバイ!

痩せるのって大変だけど、太るのって本当に簡単だね。

 

そうそう。

がん友さんが、12月26日はクリスマスが終わった翌日で、ディズニーランドが空いているらしいという未検証の情報を入手してきたので、ある意味、一年の中で非リア充しか行かないんじゃないかって日に有給を取り、ディズニーランドに行ってきた!

まあ、普段よりは空いてるっぽい?(笑)

しかし、ディズニーなんて、何年ぶりだ?

めっちゃ楽しいね。

いつの間にかマイケル・ジャクソンがいなくなってたよ。

シンデレラ城のツアーもなくなったんだね。

スターツアーズでは、反乱軍のスパイ容疑をかけられて、顔写真が前のスクリーンに映し出された。

なんか眩しいと思ったら、写真撮られてたんだね。

ホント、勝手に写真とかNGだから。

ジャーマネ通してくれないと困るから。

 

 

と、こんな感じで2017年を駆け抜けた。

あともう少し。

もう少しで今年も終わる。

 

 

来年は、またジムにまじめに通うぞ!

オー!

 

食事制限もゆるーく、がんばるぞ!

オー!

 

早くも2017年を締めくくり始めてますよ。

 

 

おかげさまで、「紡ぎ」の第2回目おしゃべり会は定員に達したため、応募を締め切りました。ご応募ありがとうございました。

キャンセル等で再募集をする際は、ももすけちゃんのブログ(Life is)か、こちらのブログで、改めてご連絡いたします。

 

次回のおしゃべり会は下記の日時で予定しています。

・3/18(日) 13:30~16:30  飯田橋 東京ボランティア市民活動センター

・4/14(土) 13:30~16:30 飯田橋 東京ボランティア市民感動センター

 

詳しくは、紡ぎホームページをご確認ください。

peraichi.com

 

 

 

駆け抜けたよ、2017年。ポチッ!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 

12月なので、今年を振り返る。その①

年末モードに突入しました。

なので、ワイドショーのように2017年の上半期を振り返ってみようと思います。(会社かっ!)

 

1月

・初詣

もうすぐ手術。初詣は、手術の成功を祈る。手術が無事におわりますように、と祈る。とにかく、祈る。

元旦は、最近なにかと話題の〇〇八幡宮に行き、祈祷をしてもらう。

さらに、がん封じで有名な唐泉寺でお守りを購入。

翌日は、母と一緒に、がん告知後にお参りをした、神田明神にて祈祷。

いやー、正月にこんなに神社仏閣をまわったのは初めてです。

いろいろ行き過ぎて、手術前に風邪を引く。

 

・手術&入院

4日に入院をし、5日に両側全摘の手術を行う。

人生初めての全身麻酔を経験。

術後、酸素マスクで酸素を送り込まれ、あまりに喉が渇いたため、テーブルの上に置いてあったお茶をコッソリ、隠れて飲む。

一口ずつ、大事にコッソリと飲み続けるも、やがては飲み尽くし、途方に暮れているところ、飲み物が解禁。500mlのペットボトルを一気飲みし、一気に戻し、正月早々マーライオンと化す。

マーライオンがある意味、入院中に一番記憶に残っているコト。

 これから入院する皆さん、麻酔後の飲み物はちょっとずつですよ!

 

・病理の結果

1月末には病理結果を受け取る。

がんなので、良かったということは決してない。それでも、とっても悪い状態ではなかったということで、自分的に良しとする。

 

ハーセプチン

 術後のハーセプチンをスタート。

1回目だけに良く出るという副作用、発熱、いただきました。

ハーセプチンなんて!って舐めてかかったら、見事に発熱ですよ。

寒気がするも、コートをかけて耐えてたら「そういう時は早くナースコールしていいんだよ!」と言われ、毛布にくるまり、熱が下がるのを待つ。

そして、37度くらいに下がった隙に家へ帰るも、再び発熱。

分子標的といっても、薬は薬。当然、副作用が出る可能性があるので、みなさん具合が悪くなったらすぐに看護師さんを呼びましょう。我慢してると、結果的に悪くなる可能性があります。

 

・自家組織にて再建を考える

再建の方法は大きくインプラント、自家組織の2つがある。

自家組織も検討したくて、入院中に自家組織で有名な病院を予約するも、10月といわれる。ひぇーーーっ!じゅ、じゅうがつ!!

まぁ、どうせエキスパンダーは8~9ヶ月くらい挿れておかなきゃいけないと言われてるんで、10ヶ月くらい待ちますよ。

でも、初診で10ヶ月待ちとなると、手術は何年後だ?

一抹の不安を覚える。

 

ということで、コレ、全部1月。

いやー、書いてるだけで、いろいろありすぎじゃね?

なんか、抜け盛れあるかもね。

ま、いっか。

早くも1月の出来事だけで息切れしそう。

 

2月

3月上旬にある出張メンバーに入っていると告げられ、うろたえる。

なぜなら、ヅラなのに相部屋だから。

会社でカミングアウトしてないのに、あんまり仲良くない人の前でヅラ脱着とかヤダよー!

上司に「ヅラだから、一人部屋にしてほしい」と伝え、OKをもらうも、仕事の早いアシスタントさんで、すでに相部屋にて登録完了。

「もう、ホントにやだ!」って思い、病気カードを切ってみる。

がんだし、術後だし、まだ抗がん剤ハーセプチン)やってるし、長期のフライトは勘弁して欲しいと訴える。

なんなくOK。

はるにゃんこ、「仕事で手を抜く」を覚える。

 

会社員だから、ちゃんと働くけれど、がんだし、治療真っ只中だったからね。

無理とか我慢とかしなくていいと思うんです。

本当に無理な時はね!

 

無駄にカミングアウトする必要がなくなり、またハゲを晒す必要がなくなり、安堵の2月を過ごす。

 

3月

ホッとした瞬間、卵巣のことが頭をよぎる。

1月の手術で予防的切除は見送ったものの、いつか切除したいと思っている。

あと、年齢的にあまり強くは望んでいないが、切除する決断をしたいからこそ、妊娠について考える。

抗がん剤で卵巣ってやられちゃってるの?

そもそも卵子って残ってるの?

 

卵子については、血液検査で分かるんです。

検査してみた結果、コレがまた、微妙な数値で卵子が残っているという。

 

今はあまり考えていないけど、もしかしたら妊娠を望む日が来るかもしれない。

そのときのために、卵子凍結について調べてみる。

いくつかのクリニック、病院を回って情報収集。

 

私の疑問は2つ。

ハーセプチン投与中でも卵子は採れますか?

②もし妊娠を希望したら、どういうタイミングになりますか?

 

1つ目は、クリニックによって見解が異なった。

ハーセプチン中でもOKというクリニック、駄目というクリニックに分かれる。

ちなみに、私の主治医からは「過去に例がない。調べた結果、ハーセプチン中の採卵は、どこにも駄目とは書いていない。」でした。

 

2つ目については、全ての病院でハーセプチン中は妊娠はNG。もしもチャレンジしたいなら、ハーセプチンが終わってからとのこと。

 

妊娠、望んでるワケではないんですよね。

ただね、後から後悔したくないので、可能性を残すのか、きちんと調べておきたい。

卵巣を取るということに対して、自分の中できちんと折り合いをつけたいのです。

 

いくつかのクリニックや病院をまわっていたため、会社もいっぱい休みました。

この時は自分のことを最優先で考えさせてもらいました。

 

なんとなく、自分なりに調べておきたいことがひと段落。

そんな風に過ごした3月。

 

4月~6月

ハーセプチンに集中。

半日で終わるので、普段はなかなか済ませられない用事を午後に入れて、休みを満喫する。

3週間に1度は休みたい病が発症。

まずい、普通の会社員生活に戻れない予感…。

 

 

 

こうして見ると、2017年の第一四半期に全てが集中してますね。

スタートダッシュをした2017年。

 

どうなる、2017年下半期。

その②へ続く。

 

 

 

 

いろいろあったね、2017年。ポチッ!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 

おなかが痛い。

いまだかつて生理痛とかにもなったことがなく、気づくと「わ!生理だ!」なんてこともしょっちゅうあるワタシ。

 

お腹が痛いっつーと、食べすぎ、下痢とか、そんなのしかないんだけど。

ここ数週間、下腹部が痛いのです。

すっごい痛いワケじゃないし、一日中ずーっと痛いワケでもないけど、鈍痛ってやつ?

が、たまーにするのです。

 

継続的に、この鈍痛があったりすると、BRCA1陽性のワタシ的には、気になっちゃうんですよね。

卵巣がんとかじゃないよね?って。

1月にもともと婦人科の診察予定が入ってるし、すぐに予約取れなさそうだし、どうしようかなーって思ってたら12月も中旬になってしまった。

なんとなく気になるので、乳がんになる前に行ったことのある近所のレディースクリニックに行ってみることに。

 

は  「実は1年前に乳がんになりまして。そのときに、BRCA1陽性ってことが分かったんですが。ここ数週間、下腹部の痛みが気になってるので、卵巣が腫れてるかどうか診てもらえませんか?」

 

先生 「乳がん?タイプとかステージ分かりますか?え!BRCA1陽性。それは気になりますよね。心配になりますね。でも、クリニックではがんの診断とか出来ないから、フォローが出来ないんです。」

 

は  「え。そうなんですね。腫れてるかどうかだけでも診れません?」

 

先生 「エコーで診ることはできるけど、がんかどうかの診断はできません。卵巣のう腫お持ちだから、がんとのう腫の区別まではできないんですよね。」

 

は  「あ、そうなんですね。。とりあえず、診てもらえます?」

 

先生 「あー、ちょっと腫れてますね。たぶん、卵巣のう腫だとは思うんですが。筋腫もありますね。痛みは筋腫かもしれません。ここでは、これ以上診れないので、あとは1月にちゃんと診てもらってください。」

 

は  「ありがとうございました。」

 

って、帰ってきた。

というより、追い返されたような気分。

万が一のことがあった時に、誤診だなんだって、言われたくないのかなーって思ってしまうくらい。

 

あんだよ。

スッキリ2017年を終わろうと思ったのに、逆にモヤモヤするわ!

 

クリニックを出た瞬間、かかりつけの病院に予約日を早められるか聞いてみるも、今入れてる予約が最短らしい。

こちとら、心配事があるから電話してるのに。

ちっ!

血も涙もねーぜ!

イラついてみる。

 

ここ最近、忘年会で暴飲暴食を続けていて、全くジムにも行かず、食事制限もしないでいたら、1kgくらいすぐに体重が増えてしまった。

にもかかわらず、イラつきついでに、半ラー半チャーという、ダイエットに最も適していないランチを食べてから会社に向かったとさ。

 

んでもって、今日、再認識。

ワタクシ、もう普通のクリニックでは診てもらえない身体なんだなーと。

かかりつけの病院は、すぐに予約を入れられるような感じじゃないので、気になることがあったら早めに予約の電話を入れなきゃと思ったので、メモがわりにブログ書いてみます。

 

ま、サイアク、突撃するんですけどね。(笑)

振り返ってみると、予約なしで突撃診察依頼をしたこと、数知れず。

もはや、履歴書の特技欄に書いた方がいいんじゃないかと思うくらい突撃は得意。

すっごい、待たされるけど。

痛みが気になりすぎたら、特技の突撃技を繰り出してみようと思います。

 

スッキリ2017年を終えたかったよ。

しょうがないから、もうひとつの得意技を繰り出すか。。。

 

忘れる。

 

Taylor SwiftのShake It Offをなぜか歌い狂っている。

 

こんな自分の性格、嫌いじゃない。(笑)

 

 

 

診察予約はお早めに。ポチッ!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村