乳がんファイターDiary / Diary of Breast Cancer Fighter

独身、一人暮らし。働きながら乳がんと闘います。

乳がんファイターDiary / Diary of Breast Cancer Fighter in Japan

乳腺外科の術前検査。

私は乳腺の手術をした病院とは別の病院で再建手術をします。

なので、前回の定期検診の時に主治医が手術前に診ておこうと言ってくれたので、乳腺の病院でも術前の検査をしてきました。

 

待ち時間がなくて済むように、朝一の診察にしてくれた主治医。

あーん、そういうところが大好きだよー、主治医!

クネクネ♡

注)主治医は女性です。

 

エコー検査をしてもらうため、上半身の服を脱いで横になって待つ。

しばらくすると主治医が入ってくる。

主  「いよいよだねー!」

は  「そうなんですよー。あ、先生。先に言っておきますー。左のエキスパンダーが破損してます、たぶん。」

主  「えー!ほんと?!」

は  「はい。この間、形成の病院でお水を足してもらったから今は平気なんですけど。明らかに形が凸凹になり、凹んでいたので、破損しちゃったみたいです。つい先日、お水も200ccくらい足したし。」

主  「えー!とりあえずエコーで見てみるね。」

は  「あ、でも。この間お水を足してもらったから、パっと見はもう分からないかも。」

主  「穴が空いてるかどうかまでは分からないんだけど、確かに左側は皮膚とエキスパンダーの間に水が入ってますねー。ココらへんかなー。」

は  「エキスパンダーって、そんなにすぐ破損したりするもんなんですか?」

主  「いやー、まずないですね。昔は破損することあったけど、今のものは、まずないです。コスタリカで作ってるんですけど、何度も何度も引っ張ったりテンションかけてテストしていて、すごく丈夫なんです。エキスパンダー挿入した状態でマンモグラフィーやっても破損しないので。」

は  「へー。」

主  「なんか心当たりあります?」

は  「いや、あんまないです。でも、どうせただの生理食塩水だから漏れても害はないかなって思って。もうすぐ手術だし。」

主  「まあ、確かに害にはならないから大丈夫。皮膚にテンションがかかっていることが重要なので。とりあえず、問題なし!次はまた4ヶ月後にしましょうか。」

は  「ありがとうございます!」

 

ということで、私の4ヶ月ごとの検診も何事もなく終了!

手術に向けて、着々と準備が進んでおります。

 

ちなみに。

ってか、私の特技って「ちなみんぐ」と書きたいくらい、すぐ「ちなみに」な質問するんですが。

今日もちなみんぐしてきました。

 

は  「私の友達で、エキスパンダーを挿入中も痛みがずっと続き、インプラントに入れ替えてから3年も経つのに、まだ痛みがあるらしいんですが、病院ではロキソニンしか処方してくれないらしいんです。そういう場合に受診してみるといい病院ってあります?」

主  「痛いのは辛いよね。あまりにも痛みがひどい時は、ペインクリニックを受診することをおススメします。うちの病院は緩和ケアにペインクリニックの先生がいるけど、他の病院だと麻酔科にいたりもしますね。今、通っている病院で確認してみるといいかも。あとは、東大病院とかもおススメしてたりしますね。」

は  「そうなんですね、ありがとうございます!伝えておきます!じゃあ、4ヶ月後は素敵パイオツができてるはずなので、楽しみにしててねー!」

 

このお友達は、主治医とのコミュニケーションがあまり上手くいっていないようでした。

乳がんは長く付き合っていかなくてはいけない病気です。

主治医との関係が良好だと、安心して治療も続けられると思うんだけどなー。

そんな時は、セカンドオピニオンを取るのも良いと思いますし、今回のようにお友達経由でいろいろな情報を集めるのも良いと思います。

同病のことを気兼ねなく話ができる友達って、本当に重要だなって思った出来事でした。

悶々と一人で考えてるより、ぜひぜひ患者会などに足を運んで、同病のお友達を作ってみてください。最初に踏み出すその一歩の勇気より、100倍の勇気を持って帰ってこれること、間違いなしです。

 

ってなわけで、術前検査は全て滞りなく終わりました。

しかし、我が人生振り返ってみると、壊れないはずのものがいろいろ壊れてきた。

特にパソコン。

会社貸与のPCをよく壊したなー。

自分のパソコンはなぜか壊さない、壊れない。(笑)

しかも、壊れた原因が分からず、復旧できないという事態に何度も陥り、情報システム部のおじさんと仲良しに。

新卒で入った会社の情シスのおじさん、未だに仲良しです。(笑)

 

 

 

情シスのおじさんからは、

デストロイヤーとか、クラッシャーと呼ばれていた。

ポチッ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 

病棟の看護師さんとのお話。

入院前に、病棟の看護師さんとお話する機会をいただきました。

以前、私と同じ術式で手術された方のカルテを見ながら話をし、入院中のスケジュールなどなど、教えてもらいました。

 

看  「なんか、結構大変な手術だったっぽいですね…。」

は  「え、マジですか。どんなところがですか?」

看  「8:30に手術室に入り、病室に戻ってきたのは翌日の2:00AMだったみたいです。」

は  「えー!2:00?!先生、13時間って言ってたから22:00には終わると思ってるんですけど。家族って、ずっといないとダメなんですかね?」

看  「そうですねー。穿通枝で手術する場合は、基本的にはずっといて頂きたいんですよね。もちろん、お昼で少し外すとかは大丈夫ですよ。」

は  「いやいやいやいやいやいやいやいや。」

 

さて、何回「いや」って言いましたでしょう?(笑)

 

は  「うちにはシチサンのカワイコちゃん(猫)が家にいましてね。22時までだったらなんとかお留守番できると思うんですが、2時とまでお留守番できないかもですわ。下手すると始発で帰る感じですよね?ホント、おちおち麻酔にかかってられないです。ちょっとどころじゃなく、数時間抜けてもいいですかね?ご飯あげて、トイレ片付けたりしたらすぐ戻ってもらうんで。」

看  「あー。うーん。(顔が引きつる)」

は  「絶対ダメですかね?」

看  「手術前日にカンファレンスがあるので、そこで何時間くらいかかるか聞いてみます。あと、途中で抜けたいということも伝えてみます。」

は  「そこのとこ、なんとかお願いします。先生は13時間で終わらせると鼻息荒くしてましたので、そこをなんとか!心配すぎて麻酔かからないかもしれない!」

看  「あはは…。(顔が引きつる、2回目)」

 

看  「じゃあ、次に入院スケジュールです。2日間はベッドを45度までしか上げられません。ご飯は俵形のおにぎりなどにしますが、食事の介助まではできないので、スプーンやフォークを持ってきていただくといいかもしれません。あとは、ペットボトルに挿すストローとかも便利です。」

は  「はい、分かりましたー。(ウン◯コプロブレムがあるから、食べる気ないけどね!)」

看  「あー…。」

は  「なに、なに?」

看  「この方(過去に同じ手術した方)、結構大変そうですねー。痛かったみたい。」

は  「え、ちょっと。そのネガティブな小出しな情報いらん。(笑)」

看  「あはは」

は  「ちなみに、術後何日目で立ち上がりました?ベッドの安静は48時間だけで大丈夫でした?」

看  「そうですね、この方は術後3日目で立ち上がったようです。」

は  「じゃあ、それ目指します!」

看  「入院時に必要な書類はお持ちですか?今記入できるものはしちゃってください。」

 

何枚か渡された書類の中の一つに「手術に対して、何か要求や要望はありますか?」という質問があり、思わず「早く終わってもらいたい」と書いてしまった。

本当は、キレイなパイオツとか書くんだと思うのですが。

ってか、それは当たり前じゃん!って思うので。

とにかく、早く終わってほしい!

ただ、ただ、それだけです。

 

書類を記入した後は、実際に入院する病室を見せてもらい、45度がどれくらいかを体験。

看  「ベッド上げますねー。これが45度です。」

は  「はいー。あれ?これ45度?思ったより上がってるー。全然大丈夫じゃないですかー!」

看  「はい、皆さんそう言われるんですよ。思ってたより身体起こせるって。」

は 「なんか頑張れる気がしてきた。では、来週よろしくお願いしますー!」

 

ワタクシ、何を隠そうジベタリアンでして。

家にテーブルと椅子がないんです。

ソファとローテーブルみたいなのはあるけど。

なので、PCやる時とかは床に座ったり、寝転がった状態でやります。

ジベタリアンな生活でなんとか48時間を乗り切れる気がする!

頑張るぞ!おー!

 

48時間が過ぎればウ◯ンコプロブレムも解決される。

とにかく、48時間を頑張るぞー。

 

 

 

 

48時間って。

ジャック・バウアー越えだね。

ポチッ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 

形成で術前の検査。

この記事をアップする段階では、再建手術は終わっています。

ちとばかし大変なこともありましたが、追々、書いていきます。

ここからは再建手術へ向けて、リアルタイムではなく、遡りな記事になっていきますが、自分の記録のためにもちゃんと書き残しておこうと思います。

 

 

採血を終えてから形成へ。

相変わらずの待ち時間。

お友達のDさんが同じ診察日だったので、楽しいおしゃべりタイムとなりました。

ありがとうございます!

 

で、やっとこさ呼ばれる。

上半身抜いで、待っててくださいと言われ、先生を待つ。

カーテンを開けるなり、

先 「ヤダなー、ついにこの日がきちゃったかー。」

は 「ちょ、ちょ、ちょっと!先生、頑張ってよ。」

先 「やだよー。うぇーん、うぇーん!」

 

えーと。

ホント、人の顔見る度にヤダヤダ言うの、やめてもらえません?(笑)

あと、「うぇーん」って。

今日は何モードだったんですかね?

 

そして、患者の名前とか顔は覚えていないけど、おっぱいだけは覚えているという噂がある先生。

次に、「あ!なんかこっち(左)の胸、なんかおかしくない?」

がーさすです。

何も言わなくてもエキスパンダーが破損していることを一発で見抜く。

 

は 「あ、やっぱり?破損してます?ってか、破損するんですね。」

先  「まあ、絶対とかないからね。破損することもあるよね。」

は  「でも、中身ってただの生理食塩水だから漏れても大丈夫ですよね?」

先  「うん、大丈夫だよ。ただ、手術までに潰れたら困るから水を足そう。」

 

ということで、エキスパンダーおもらし事件簿に続く。

おもらし事件簿。 - 乳がんファイターDiary / Diary of Breast Cancer Fighter

 

先  「体重、変わってない?」

は  「あ、1kgくらい増えちゃった。えへ。」

先  「なにー!?犯罪だー!犯罪だー!」

 

えっと。

2回目ですが。

先生、今日はどんなモードだったんですかね?

やたらテンション高くないです?

嫌すぎて、おかしくなっちゃいました?(笑)

 

は  「手術まで1kgくらい落とすし!(たぶん落とさない)」

先  「そうだよ、よろしくー。病棟の看護師さんとこの後は話しといてね。んじゃ、手術まで風邪引かないでねー、またねー!」

は  「そういう先生もねー!風邪ひかないでねー!」

 

なんか最初から最後まで、やたらテンションの高い先生でした。(笑)

体調管理だけは気をつけないとね。

 

 

 

 

ヤダヤダ言っちゃヤダ。

ポチッ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 

自己血輸血の採血。

うちの病院で自家組織で再建する場合、自分の血を輸血用に採ります。

献血は大好きでよくやってたので、「わーい、久しぶりの献血だー」って思いながら病院へ。

 

まずは血液検査。

400cc採血をするので、問題ないかをチェック。

1時間後に輸血部へ行き、問題ナシということで採血。

医師がどの血管から採血するかを念入りにチェック。

医 「うーん、血管が細いですねー。」

は 「昔は献血が大好きでよくやってたんですけどねー。」

医 「え、そうなんですか?どの血管から採るか探すの苦労しませんでした?」

は 「いや、昔は良い血管だって褒められたんですけど。抗がん剤やってから血管の様子が変わった気がするんですよ。そんなことあります?」

医 「抗がん剤を入れてた血管は直接なので、影響受けると思います。抗がん剤は全身治療なので、他の血管も影響を受ける可能性はありますね。」

 

とのことでした。

血管だけは自信があったのになー。

右腕の肘の内側の血管から採ろうということになり、献血用の椅子みたいなところに移動。

針をブスリと刺し、グリグリ。

このグリグリ嫌いなんだよなー。

グリグリされながらも、なんとかセット完了。

が、血の出るスピードがめっちゃ遅い。

なかなか出てこない。

 

看護師さんと悩み込む医師。

医 「うーん。なんかダメですね。ちょっと一度針を抜きます。あっ…!!!」

は 「えっ!!」

医 「針が抜けてました…。スミマセン。左でやり直していいですか?」

は 「どうぞ、どうぞ。」

医 「本当、スミマセン。やり直しますね。」

 

針が抜けたとはいえ、多分30~50ccくらいの血は輸血用バッグに入ってたので、そこに足すんだろうなーと思っていたら…。

 

 

 

捨てたしっ!!!

 

 

自分の一部が粗末に扱われ、捨てられたようでちょっと切ない。

あの血だって使えるのに。

 

 

まあ、気を取り直して。

左側の腕をくまなく見る先生。

悩み込む先生。

 

は 「あの。素人目線ですが、この手首のあたりの血管は太くて針が刺さりやすそうですが。ココなんてどうでしょう?」

医 「え、あ。うーん。そうなんですけど。末端にいけばいくほど神経が多いので、痛いんです。針が太いから痛いと思うんですよね。」

は 「別にいいですよ。」

医  「え。うーん。確かにこの血管は魅力です。」

は 「マジでいいですよ。ココいっちゃってください。」

医  「本当ですか?いいですか?では、ココから採りまーす!」

 

 

確かに手首とか手の甲って痛いんですけど。

何度も針を刺されたり、刺してからグリグリされるよりよっぽどいいんだよなー。

 ま、すったもんだありましたが、なんとか無事400cc採血して終了。

 

でね、ちょっと驚いたこと。

血を抜いた後、500cc点滴してくれるんです。

しかも、鉄分補給とかいって、お薬まで出してくれたり。

 

え?

血抜いたあとって、こんなにケアが必要なの?

献血してた時ってオレンジジュースとかミルミルくらいしか飲んでなかったけど。

もしかしたら、血を抜くということは一大事なのかもしれないと思った出来事でした。

 

輸血用の血も抜いたし、あとは手術日を待つだけだー。

ドキドキ。

 

 

 

 

献血センターにはハーゲンダッツとかあるよね。

ポチッ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 

入院前の準備と心配ごと。

術後ブラとおパンツも買い。

使い捨てのフォークやスプーンも買い。

ペットボトルに挿すストローも買い。

買わなきゃいけないモノは、たぶん全部買ったはず。

 

あ、ちなみにシームレスなおパンツ。

みやびちゃんに教えてもらい、3コインズでユニクロよりも安く買えましたー!

3COINS

 

お友達のみやびちゃんは、再建に関するサロン開催のお手伝いをしています。

本当に為になる情報がいっぱいなので、再建を考えてる方、ぜひ足を運んでみてください。サロンは毎月、開催されています。

サロンの開催情報はコチラ。

乳房再建サロンの常連ブログ

 

 

ほぼほぼ、準備はできてると思う。

あとはパッキング。

って、パッキングしてないなら、準備なんてできていないじゃーん。(笑)

 

 

入院中の心配事がひとつ。

私の最愛のシチサン猫。

 

私は結婚していません。

子供もいません。

なので、私にとって猫たちは、子供と同じです。

シチサン猫は、2ヶ月くらいの時に拾ってきて、育てた猫です。

いや、もしかしたら自分の腹から出てきたのではないかとすら思っている。(笑)

「猫可愛がり」ってグーグル先生で検索すると、おそらく「はるにゃんこが猫を愛でる様子」とか出てくるんじゃないかと思うくらい、猫可愛がりをしとります。 

 

このシチサン猫。

丸1日のお留守番をしたことがないんです。

出張などで不在にする時は、ばーたん(母)が泊まり込みで世話をしてくれるという、とんでもない箱入り娘なのです。

 

このシチサン猫。

手術のため、入院することは言い聞かせてるのですが、果たしてどこまで分かっているのか。

  

あー、心配。

心配すぎて麻酔がかからないかもしれない。

M・A・J・I で!!

 

エルくんはきっと側にいてくれていると思うけど、姿が見えない。

シチサン猫は、エルくんがいなくなってからベッタリすぎて、もはやお留守番の仕方なんて忘れてしまっている模様。

 

あー、心配。

 

ということで、母は一生懸命シチサン猫のお友達を探していました。

エルくんがお空に帰ってからまだ時間もそんなに経っていないので早いと思われるかもしれませんが、どうしてもシチサン猫を一人にできない。

 

そんな時、運命の出会いが!

シチサン猫を守ってくれそうな、優しそうで強そうな子。

すぐにお見合いの申し込みをし、直接会いに行ってみる。

年齢の割にはとても落ち着いた猫さん。

この猫さんは、高齢の方が多頭飼いしていた猫さんのうちの1匹だそう。

飼い主さんが買い物途中に倒れ、救急車で運ばれたのだそですが、もう退院が難しのだとか。

お腹を空かせたこの子ともう1匹が、4Fの部屋のベランダから命からがら脱出し、外で助けを求めているところ、レスキューされたそうです。

この子がいなかったら、他の猫たちも餓死していただろう、とのことでした。

そんな優しくて強い子なので、シチサン猫を守ってくれる存在になってくれたらなと思い、すぐに里親希望を伝え、なんと翌日には我が家へ。

 

ちなみに、この猫さんと助けを一緒に求めていたもう1匹の猫とできれば一緒にもらってほしいと言われたため、2匹の里親になりました。

いきなり3匹の母になった私です。

増えてるし!(笑)

そして、この2匹も自分で産んだかのごとく、すでに猫可愛がりをしとります。

 

 

母の思いとは裏腹に、シチサン猫はシャーシャーウーウー言ってます。(笑)

入院日までに仲良しになれますように!

シャーの向こうには幸せがあるんだよ!

 

 

 

私の運命の出会いはいずこ?

シャーっ!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 

【紡ぎ】5月シェアルーム開催しました。

 5/12(土)は「紡ぎ」のシェアルームを開催しました。

ここのところ、お天気が不安定だったので、雨が降ったらいやだなーと思ってたのですが、久しぶりの快晴!めっちゃ、いいお天気だった!

 

前回のシェアルームで、タイムを全くキープしないももちゃんが、タイムキーパー役をリベンジをしたいと。

 

 

結果。

 

 

 

 

全くタイムをキープしません。(笑)

 

どういうことでしょう。

確かに、iPhoneでアラーム設定しているのを見たんです。

いったい、いつの何時に設定してたんでしょうか。

もはや、ももちゃんだけパラレルワールドかなんかに住んでいて、別の次元でアラームが鳴ってるんですかね?(笑)

 

 

今回の紡ぎも、告知1年未満の方を対象としたシェアルームでした。

告知後、間もないタイミングというのは何かと心が曇りがちになってしまいます。

参加された皆さまの心が、この日のお天気のように晴れますように。

心から笑える日が早く戻りますように。

紡ぎに参加することによって、少しでも雲が晴れるお手伝いができてたら嬉しく思います。

 

 

次回の紡ぎは6月17日(日)に開催します。

シェアルームの詳細およびお申し込みはホームページでご確認ください。

紡ぎ ~Hope for Ribbon~

 

 

 

ももちゃん、

アナログの目ざまし時計なら使えるのか?

ポチッ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 

おもらし事件簿。

姉さん、事件です。

 

 

エキスパンダーが!

 

 

エキスパンダーが!!!

 


エキスパンダーが破損して、中のお水が漏れてましたー。

 

 

やっぱ、変な形って思ったのはエキスパンダーが破損していて、水をお漏らししていたからなんですね。

 

数週間前から気づいていて、ブログにもちらっと書いたのですが。

もうすぐ手術だし、病院に行く時間もないし。

どうせ中身は生理食塩水だから、体に吸収されるだけだろうし、という自己判断のもとで診察日まで待っててみた。

これが再建手術がもっと先ならオロオロするところだけど、あと数週間だしねぇ。

気にしすぎない性格で良かったYO!

たぶん大丈夫という野生の勘が正しくて良かったYO!

でも、良い子の皆さんは異変を感じたらすぐに病院に行ってくださいね!

放置しても、決して良いことはありませんので。

 

手術までにペタンコになったら困るということで、今日お水を足しました。

来週も足しに来いと言われてしまった。

何気に、手術前なのに忙しい。

 

ちなみに、エキスパンダーの中身のお水は青いそうです。(病院によって異なる可能性アリ)

なぜなら、エキスパンダーが破損した時に青い水が漏れると皮膚が青くなって分かるようになっているんだと。

あ、ちなみに私は青くなりませんでしたけどね。

エキスパンダーとの間の皮膚とかが厚いから(?)青いのが分からなかったっぽい。

なので、普通は分かるんだそうです。

 

「エキスパンダーの入れ替え手術とかしないで済んでラッキーだったよ!」

 って友達にLineしたら、

「破損してる時点で、十分不幸だよ。。。」

と冷静な返事が返ってきた。(笑)

ラッキーって思えるポジティブ思考な性格で良かったYO!

 

 

しかし、私の乳がん治療っていつも綱渡りだなー。

毎度毎度、この絶妙なギリギリ感。

 

 

 

誰かに守られてる感いっぱい。

ありがとうございます。

ポチッ。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村